中山秀征、5歳で憧れた芸能界もデビュー40年。上京当時は節約しすぎて栄養失調に

公開: 更新: テレ朝POST

6月27日(木)の徹子の部屋に、中山秀征が登場する。

デビュー40年目を迎える中山。

今回は中山自身が書いた素晴らしい書道作品をスタジオに飾ってもらった。

小学1年生で始めた書道を大人になってから再開。

「個展を開くのが夢」と長年語っていた中山は、その夢を今年4月にようやく叶えた。

17日間で3万2千人が訪れ大盛況だったという。

好きなことはとことん突き詰める性分。芸能界への思いはもっと長く、最初にこの世界へ憧れを抱いたのは5歳のときだった。

とにかく「テレビの中の人」になりたくて高校で上京。しかしお金を節約しすぎて栄養失調になったり、住む家がなくなってしまったり…。

そのときに助けてくれた人生最初の恩人は学校の先生だったと当時を振り返る。

また中山は4人の息子の父でもある。4人の男の子を育てあげた妻への感謝の思いも語る。

※番組情報:『徹子の部屋
2024年6月27日(木)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!