アンタ山崎、M-1優勝時点で伊集院光から50万円の借金!しかし…粋な“お金以外の方法”で返済

公開: 更新: テレ朝POST

アンタッチャブルサンドウィッチマンがMCを務める『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』

6月18日(火)に放送された同番組に、ゲストとして伊集院光が登場。下積み時代のアンタッチャブル・山崎弘也に約50万円を貸していた過去を語った。

17歳でのちの六代目三遊亭円楽に弟子入りし、かつては三遊亭楽大を名乗って落語家として活動していた伊集院。

スタジオトークで下積み時代のエピソードが話題にのぼると、伊集院は「M-1優勝した時点で(山崎に)50万円ぐらい貸してた」と暴露した。

しかし、山崎に返済は求めなかったそう。

その理由を伊集院は「落語家の決まりがあって、後輩に貸したお金を請求するのはかっこ悪い。自分も師匠から借りたけど、お金で返すと受け取ってもらえない。そうすると自分の弟弟子には催促なしで貸していくしかない」と説明した。

だが山崎も借りたままにはしなかったようで、伊集院は「ザキヤマにお金を受け取ることはできないと話をしたら、50万円分の宝くじを買って『お金じゃダメなんで…』ってくれた」と粋な返済をしてくれたことを明かした。

ほかにも山崎の下積み時代の話は多数あるようで、伊集院は“パソコン事件”と呼ぶエピソードも披露。いったい、山崎は何をやらかしたのか?

※『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

次回6月25日(火)の放送は、新企画「ジャーナリスト山崎」!

ザキヤマが日々生まれる疑問や社会問題を徹底取材! 真実を追い求めるドキュメンタリー!

今回は、「なぜ、芸人は引退するとラーメン屋をはじめるのか?」

山崎が本気で疑問に感じたこの疑問から、元芸人が経営するラーメン屋さんを直撃!

芸人を辞めたきっかけから成功の秘訣までが明らかに!

さらに、相方・伊達も知らなかった…! サンド富澤と元芸人ラーメン店長の心温まる秘話も…。

ぐいぐいいくザキヤマだから聞き出せた…赤裸々トーク満載の30分!

※番組情報:『証言者バラエティ アンタウォッチマン!
毎週火曜 午後11:45~深夜0:15、テレビ朝日系24局(一部地域を除く)