令和ロマン・くるま「本当にかっこいい」影響を受けた“アニメキャラ” 『M-1』でも同じセリフを

公開: 更新: テレ朝POST

蛙亭・イワクラと吉住が、現代社会の“心が疲れきった大人たち”にそっと寄り添うトークバラエティ『イワクラと吉住の番組』。

6月18日(火)に放送された同番組では、いま絶大な人気を誇る『ハイキュー!!』をフィーチャー。

作品の大ファンである森田ひかる(櫻坂46)、元バレーボール女子日本代表の栗原恵、髙比良くるま(令和ロマン)がスタジオに登場し、その魅力を熱く語った。

◆「心から応援したくなる」キャラ

小柄ながらも抜群な瞬発力&跳躍力を誇る主人公・日向翔陽、そのライバルで相棒の天才セッター・影山飛雄を中心に、バレーボールに懸ける高校生たちを描いた大人気青春漫画『ハイキュー!!』。

絶賛ロングラン上映中の映画『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』が興行収入100億円を突破するなど、その勢いはとどまるところを知らない。

そんな『ハイキュー!!』に魅せられた3人は、マニアックな熱量を放出しながら、同作を彩る魅力的なキャラクターについてMCのイワクラと吉住に力説した。

くるまが激推ししたのは、メインの2人ではなく、2年生の田中龍之介というキャラだ。

直情的で熱いタイプという田中。一度辞めて戻ってきたりと、紆余曲折する部員が多いなか、「田中に関しては、マジで一度も辞めていない」という。

くるまは「中高6年からラグビーやっていたんですけど、やっぱり最後までずっと頑張っている奴のこと心から応援したくなる」と、田中を好きな理由を語った。

番組では、そんな田中を象徴する名シーンを紹介。

全国大会の2回戦で強豪・稲荷崎と戦った一戦で、いつも明るい田中が不調で活躍できず、ミスを連発してしまう。

才能のあるチームメイトたちと比べて「俺は普通の人間だと思う」と自分の凡庸さを認めた田中は「平凡な俺よ。下を向いている暇はあるのか」と自らに問いかけ、あきらめずに壁を乗り越えていく――。

映像を見たイワクラが涙するほど、観る者の心を揺さぶる激熱シーンだ。

くるまは「最高!」とあらためて絶賛。

「覚醒とか変な超常的なことは起きないんです。でも、こうやって成し遂げることができるのが、田中の本当にかっこいいところ」と熱弁した。

このキャラを好きになって、本業にも影響を受けたことがあるそうで…。

「『M-1』の舞台袖とかで、『アナザーストーリー』で使われようと思って、(舞台に)出る前に、『ところで平凡な俺よ』って言ってそのまま(ステージに)向かったんです」と、意外な事実を告白した。

しかし、放送には「一回も使われたことない」とのこと。

MCの吉住は「そういうのって結構わかっちゃうから」とツッコんでいた。

そのほか番組では、『ハイキュー!!』の心に残る名言や名シーンが次々と登場。

ガチ勢の森田、栗原、くるまの愛ある熱弁に、初心者のイワクラ&吉住も思わず引き込まれる。

『イワクラと吉住の番組』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

番組情報:『イワクラと吉住の番組

【毎週火曜】深夜0:15~0:45、テレビ朝日系24局(一部地域を除く)