圧巻の“三浦涼介劇場”が展開!芹沢鴨がたどり着くのは…『君とゆきて咲く』超衝撃回

公開: 更新: テレ朝POST

本日6月19日(水)、手塚治虫氏の隠れた名作を初映像化したシン・時代劇ドラマ君とゆきて咲く~新選組青春録~の第9話が放送される。

前回の第8話は、淡い恋に心躍らせていた渋皮喜平(簡秀吉)が間者疑惑をかけられるという胸をえぐる展開で、SNSも「切なすぎる!」と騒然。

しかし、今回はさらなる衝撃が走る。壬生浪士組に分裂の危機…そして、ついに芹沢鴨(三浦涼介)に運命の瞬間が訪れることに。

◆芹澤鴨と土方歳三の正義が衝突!?

ご法度を破った末に間者として疑われ、隊士たちの前から姿を消した渋皮。

この一件は壬生浪士組内に大きな影を落とし、鎌切大作(前田拳太郎)や深草丘十郎(奥智哉)はそれぞれ「何が正しくて何が間違っているのか」「自分たちはこれからどう進むべきなのか」と思い悩むことに。

そんななか、幹部の亀裂が決定的なものとなる。

かねてから傍若無人なふるまいで、幹部たちの反感を買っていた頭取・芹沢。最近では会津藩主・松平容保(味方良介)との謁見にも現れず、見かねた局長・近藤勇(高野洸)は謁見に参加してほしいと苦言を呈する。

しかし、芹沢は何を考えているのか、突然「土方を斬れ」「自分と土方歳三(阪本奨悟)のどちらかを選べ」と“運命の選択”を近藤に迫る。

その後、芹沢はさらなる暴走へとひた走り、忠義のために一点の曇りも許せない“鬼の副長”土方はある決意を固める。

◆過去最高に激しい殺陣シーン!

その結果、壬生浪士組にはかつてないほどの分断が生まれ、第9話のクライマックスには隊士たちが入り乱れる“過去最高に激しい殺陣シーン”が登場する。

死闘の果てに迎えた結末とは…涙なのか? それとも驚がくなのか?

過去の新選組作品とは一線を画す、美しく妖艶な芹沢鴨像で視聴者を魅了してきた三浦涼介。今回は、妖艶さはもちろんのこと、芹沢の覚悟や凄みが怒涛のように放たれる圧巻の“三浦劇場”が展開する。

芹沢が近藤に示した“運命の選択”は、いったいどう転ぶのか?

※番組情報:『君とゆきて咲く~新選組青春録~』第9話
2024年6月19日(水)深夜0:15~0:45、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

※『君とゆきて咲く~新選組青春録~』は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!