飛ぶ鳥を落とす勢いの“平成生まれ”若手芸人2組、初冠番組『ナイチン街レトロ』が7月スタート

公開: 更新: テレ朝POST

これまで『霜降りバラエティ』(2019年)、『霜降りバラエティX』(放送中)を放送してきた土曜日深夜3時の枠に、現在“神保町よしもと漫才劇場”を拠点に活動し、飛ぶ鳥を落とす勢いの平成生まれの若手芸人2組が劇場を飛び出して殴り込み。

それが7月6日(土)スタートの、9番街レトロ(京極風斗・なかむら☆しゅん)&ナイチンゲールダンス(中野なかるてぃん・ヤス)の地上波初冠番組ナイチン街レトロだ。

神保町よしもと漫才劇場で鎬を削る2組が、ライブで培った熱量や臨場感、丁々発止の息ピッタリのやり取りでさまざまな企画に挑戦。

彼らのライブとはまた違った表情や魅力が見られること必至で、今から期待が高まる。

そんな『ナイチン街レトロ』だが、さっそく初回放送の収録が行われ、大いに盛り上がることとなった。

◆初回企画は、ぼる塾・あんりらがゲスト

記念すべき初回放送で初めてスタジオに訪れた彼らは、まず豪華なセットにビックリ。

この日を迎えるまで「ずっと、ドッキリだと疑っていた」(なかむら)と胸を撫でおろしている様子だ。

そんな彼らを待ち構えていたのは、あんり(ぼる塾)、薄幸(納言)、そしてたかし(トレンディエンジェル)というテレビの売れっ子たち。

「あんりさんに俺たちの良さを引き出してもらおう!!」と題して、神保町よしもと漫才劇場の仲間であるあんりを筆頭にして、今後テレビで各々が何を推していけばいいのかを徹底検証していく。

事前に9番街レトロとナイチンゲールダンスから募った膨大なアンケートをもとに、あんりが気になった部分を深掘り。

なかむらは特技に“むちゃぶり”と記していたがゆえに、トンデモナイことに。三三七拍子のリズムで、どんなお題にも応えらえると豪語するが…。

さっそく飛び出す9番街レトロ&ナイチンゲールダンスの息の合ったコンビネーションに注目だ。

また、京極は持ち前の“低い良い声”を生かしたアカペラでベースを披露。何の曲のベースラインを歌っているのかクイズ形式で出題するが、あんりがあのバズった人気ダンスを踊るハメに。

最後には、あの国民的大ヒットソングを全員で合唱。いったい何が?

◆黒歴史の写真を暴露され…

そして、ヤスの特技が“自撮り”。幸もヤスのInstagramを楽しみにしているそう。

ヤスがカッコいい自撮りの撮り方をたかしに伝授。はたして、その出来栄えやいかに。

そしてヤスは、過去の恥ずかしい写真を本邦初公開されることに。メンバー一同が大笑いとなった、ヤスの黒歴史が暴かれる。

さらに、中野の特技で「200個持っている」と本人が豪語するのが“ギャグ”。

SNSでバズった得意のギャグをさっそく披露するが、これに触発されたなかむらとギャグ対決を行うことに。勝敗の行方は?

また、スタジオ収録の様子を別室のモニターで眼光鋭く見守る男が。

ラストにあの毒舌芸人が乱入。自称“深夜3時のご意見番”を名乗るこの男の乱入で、初回放送から番組は大荒れに。

◆9番街レトロ&ナイチンゲールダンス コメント

――初収録を終えられた率直なご感想をお聞かせください。

中野なかるてぃん(ナイチンゲールダンス):すごいことですよね、本当に! とくにM-1の決勝なども行ってない、ずっと劇場で一緒にやってきた2組で冠番組ができるなんて! 奇跡のような状態です。

ヤス(ナイチンゲールダンス):京極さんが収録のときに言ってましたが「平成初期の売れ方」ですよね(笑)。劇場で人気らしいから番組をやろう!という。あらためて、テレビ朝日さんはすごい!

京極風斗(9番街レトロ):収録でハンドマイクを持つ時間があったのですが、ライブしかしてこなかったので、あれを持った瞬間、急に収録がやりやすくなりました。それで周りを見渡したら、いつもライブで一緒のメンバーだった(笑)。オンエアーを早く観たいですね。自分たちのやったことが合っていたのか、良くなかったのか、まだ判断がつかないので。個人的には、すごく楽しかったです。

なかむら☆しゅん(9番街レトロ):ベリー・ハッピー!

京極:なにしてんねん!

中野:何言ってるんですか、しゅんさん(笑)?

なかむら:いや、本当にベリー・ハッピーです!

――今回の出演オファーが来た際の心境をお聞かせください。

ヤス:僕ら、実はドッキリを仕掛けられたんですよ。僕たちと9番街レトロが別々の部屋に集められていたんですが、僕たちの部屋に急にカメラが入ってきて。「何のドッキリだ、これ?」と頭をフル回転させたのを覚えています(笑)。そうしたら「冠番組決定です!」ということで…。それを聞いても、まだ信じられなかった。

京極:マジでそうやんな。

ヤス:だから、喜びの感情が来たのがだいぶ遅れてからだった(笑)。それで、もう1組と一緒に番組をやりますと聞かされて「誰だろう?」って。別の部屋のドアをばっと開けたら、京極さんたちが座っていて! 嬉しすぎて、抱き合いましたね。

京極:こっちは急に抱きつかれてワケがわからない…説明もゼロでしたしね(笑)。

――収録の手ごたえはいかがでしたか?

中野:途中からは、ライブのようなノリでできました!

ヤス:たぶん、めっちゃおもしろくなります!

京極:そうやな。編集の力が入れば、だいぶおもしろいんじゃないかな(笑)?

なかむら:それも含めて、ベリー・ハッピー!!

――初回ゲストにあんりさん(ぼる塾)、薄幸さん(納言)、そして、たかしさん(トレンディエンジェル)というメンバーが揃いましたが、いかがでしたか?

ヤス:やりやすかったですね、本当に助かりました。

京極:本当にすごい人が来て委縮するよりも、良く知っている方々でありがたかったです。

中野:あんりさんとか、幸さんって、“姉さん”を超えて“母さん”くらいの感じでいつも僕らを見てくださっていますから(笑)。

京極:それと、たかしさんが何をやっても笑ってくれた(笑)。

ヤス:めっちゃありがたかったよね!

中野:全員に聞こえる、良く通る声でね(笑)。

――今後、どのようなゲストの方に来ていただきたいですか?

中野:手ごろなところでBUMP OF CHICKENとか…。

京極:どこが手ごろやねん! バラエティで見たことないやろ!

ヤス:これは真剣ですが、マジで霜降り明星さんとガチバトルしたいです! どんな対決でもいいので!!

――今後、チャレンジしたい企画はありますか?

なかむら:自分の話になりますが、なかるてぃんにお金を借りているので…この番組の企画で返したいですね。

京極:俺からも借りてるやろ!

なかむら:…そんなん言うてたら、返さんでぇ~。

京極:なんで上からやねん!!

ヤス:あと、僕らは勉強ができるんで! 勉強系の企画もやってみたいですね。

なかむら:それ、いいね! 俺らが、ちょうどアホやから(笑)。

――今後の野望として、ゴールデン進出など考えてらっしゃったりしますか?

全員:おぉ~!!

京極:すごいですね、それ! 深夜3時台の番組がゴールデンとか、前代未聞じゃないですか!

ヤス:ゴールデンももちろん魅力的ですが、できれば、ずっと長く続く番組にしたいですね。セットも、『ミュージックステーション』みたいでしたし、Mステより長く続けたい!

――視聴者の皆さんに意気込みをお願いします!

ヤス:劇場で活躍しているメンバーがテレビをやってみたらどうなるのか?という番組は意外となかったと思うんです。ですので、ライブで培った僕らの熱量を楽しんでいただけたらと思います!

中野:僕たちと9番街レトロの冠番組がスタートするという、このタイミングを見れたみんなはラッキーだと思います! ここからさらに売れて行けるように、“奇跡の世代”で頑張っていきます!

京極:いつか、番組観覧とかがあったら、何でもよく笑う子たちに集まってほしいですね。今から、テレビ用の笑う練習をしておいてください!

なかむら:一日一善!!

ヤス:いや、そこはべリー・ハッピーでいいだろ!

※番組情報:『ナイチン街レトロ』
2024年7月6日(土)スタート!【毎週土曜】深夜3:00~3:20、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)