JO1、ロケ中に“ダサい姿”を露呈!かまいたち濱家から「ぐんぐんファンが減ってる」とヤジられ…

公開: 更新: テレ朝POST

かまいたち山内健司濱家隆一)が“ガチ”でいろいろなことに挑戦していく『かまいガチ』。

6月12日(水)の同番組では、恒例企画「達成したら即帰宅するねん」が放送された。

仕事を終えたらグダグダせず颯爽と帰るのがカッコいい…ということで、誰よりも早い即帰宅を競うこの企画。最後まで残ってしまった人は、ギリギリ放送できるプチ暴露を披露するという罰ゲームが待っている。

今回はJO1・川西拓実、河野純喜、白岩瑠姫、鶴房汐恩が初参戦! かまいたちとガチバトルを繰り広げた。

番組冒頭、新曲『Love seeker』の華麗なパフォーマンスで登場したJO1。

じつは前回のこの企画に同じオーディション番組出身のME:Iが出演したことに、川西は「なんで先にME:Iが出ているんですか?」と不満をぶつける。

一方、この日は生放送の音楽番組の出演を控えており、即帰宅する気満々の4人。これに対し、山内は「舐めてんな!」と声を荒らげ、2組は火花を散らす。

まず挑戦したのは、「ルーレットダーツで宣言通り当てたら即帰宅」。1~36の番号のなかからひとつを選び、宣言通り当てることができたら成功というルールだ。

さっそく鶴房、川西、河野の順でチャレンジするものの、3人とも失敗。ダサい姿を露呈するJO1に、濱家は「ぐんぐんファンが減ってる」とヤジを入れる。

なんとかここで挽回しファンを取り戻すべく、ダーツ経験ありの白岩が宣言したのは「24」。

すると、山内から「なんで誰もJO1の1でいきますって言わん?」とダメ出しが入り、すかさず白岩は「1」に変更。

周囲の期待が寄せられるなか、狙いから大きく外してしまい、悔しそうな表情を浮かべる白岩に、山内は「芸能界ってそんなにチャンスないよ」と厳しい現実を突きつける。

その後、2巡目に突入してもJO1の4人は不発が続き…。しまいには濱家から「ME:Iの方がもうちょっとやったな」と煽られてしまう場面も。

そんななか、山内が宣言したのは「22」。その理由は「猫のニャーニャー」とのことで、濱家から「これで22に入ってもダサい」といじられるが、宣言通り「22」に当てて即帰宅達成!

まさかの展開に一同は「マジか」と驚いていた。

かまいたちに一歩リードされてしまったJO1だが、はたしてかっこよく即帰宅できるのか? そして、罰ゲームを受けるハメになったのは…!?

※『かまいガチ』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

※番組情報:『かまいガチ
毎週水曜よる11:15~11:45、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)