「一番偉いのは俺だ」芹沢鴨(三浦涼介)の“魅惑のウインク”に胸キュン!「言うこと聞いてしまう」<君とゆきて咲く>

公開: 更新: テレ朝POST

手塚治虫の隠れた名作を初映像化したシン・時代劇ドラマ『君とゆきて咲く~新選組青春録~』。

6月12日(水)に放送された第8話では、芹沢鴨(三浦涼介)が見せた妖艶なウインクに見惚れる視聴者が相次いだ。

◆壬生浪士組に裏切り者?外出禁止令に不穏な空気…

京の街中で長州藩士の庄内玄悟(上野凱)が会津藩の役人に斬りかかる事件が発生。

会津藩主・松平容保(味方良介)は討幕派に自分たちの動きが把握されているのではと怪しみ、壬生浪士組のなかに情報を流している間者がいるのではないかと疑った。

壬生浪士組の屯所に戻った山南敬助(永田崇人)は、隊士たちに「しばらく許可なき外出は禁止とします」と伝える。沖田総司(藤岡真威人)が「土方さんが決めたの?」と尋ねると、山南は黙り込み否定も肯定もしなかった。

外出が禁止されて数日経ったころ、深草丘十郎(奥智哉)は「おい小僧、俺の犬を知らねえか?」と渋皮喜平(簡秀吉)を探す頭取の芹沢と出くわす。芹沢は「まあお前でいいか」というと、懐から一通の手紙を取り出し「これ鵺野様のところに届けてくれ」と頼んだ。

丘十郎が「外出は禁止…」と返すと、芹沢は「ここで一番偉いのは俺だ」と言い放ちウインクをした。

周囲に左右されない芹沢に、ネット上では「鴨さまがカリスマすぎてカッコよすぎ」「芹沢さんのウインク…言うこと聞いてしまう…」「ウインク付きで丘ちゃんを黙らせる芹沢さん流石です」と反響が続々。一方で、物語の後半では“裏切り者”の存在を巡って芹沢が土方歳三(阪本奨悟)と一触即発となる場面もあった。

そして、ラストでは丘十郎の目撃証言をきっかけに間者の疑いをかけられた渋皮が、幹部たちから詰め寄られることになってしまった…。

不穏な空気が漂い始める壬生浪士組は、この先どうなっていくのだろうか?

※『君とゆきて咲く~新選組青春録~』は、TVerにて無料配信中

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

※番組情報:『君とゆきて咲く~新選組青春録~』第9話
2024年6月19日(水)深夜0:15~0:45、テレビ朝日系(※一部地域を除く)