ロングコートダディ堂前、普段は物静かなのに超ハイテンション!一同大興奮の変貌ぶり

公開: 更新: テレ朝POST

千鳥がMCを務めるバラエティ『チャンスの時間』(ABEMA SPECIALチャンネル)。

3月17日(日)は、普段物静かな芸人たちが映画『マスク』になりきって自身の殻を破り、新たな一面を見出すための新企画「殻を破れ!ジム・キャリー選手権」が放送された。

©AbemaTV,Inc.

挑戦者はロングコートダディ堂前透、ザ・マミィの林田洋平、THIS IS パンの吉田結衣の3人。

ジム・キャリー演じる映画『マスク』の主人公に変身し、“受付”での登場シーンと、スピードワゴンの井戸田潤の楽屋を訪れる“楽屋挨拶”の2つのシチュエーションでいかに自身の殻を破ることができるか挑戦した。

©AbemaTV,Inc.

初開催となった「ジム・キャリー選手権」では、はじめこそ「やりたくはない」「震えが止まらない」などと不安を口にしていた挑戦者たちだったが、いざチャレンジ本番が始まると一変。

普段のキャラクターとはまったく違う表情・声・動きで『マスク』になりきり、審査員たちを圧倒した。

©AbemaTV,Inc.

なかでも、トップバッターを飾った堂前の変貌と完成度の高さには一同大興奮。

井戸田への楽屋挨拶では、「Uber Eatsでーす!」と声を掛けながら、「冗談!俺だよー!」と楽屋に入ってきた堂前に、スタジオメンバーはさっそく爆笑する。

その後もハイテンションでロシアンルーレットや黒ひげ危機一髪など、井戸田にゲーム勝負をふっかけては即負けするという奇跡の展開を連発。

矢継ぎ早にしゃべり続け、さまざまな遊びを仕掛ける堂前に、井戸田は笑いと混乱で振り回される展開となった。

©AbemaTV,Inc.

堂前の挑戦を見届け、審査員の大悟とノブはそれぞれ9点、スタジオゲストの高橋ユウは10点と採点。

審査の基準となるトップバッターではあるものの、高橋は「これ以上出ない」とし、ノブも「ここまで仕上げられるのがスゴすぎる」と感服していた。

※番組情報:『チャンスの時間
番組の模様は、「ABEMA」にて配信後1週間無料で視聴可能