岸明日香、こだわりの“グラビアマイルール”!「Yバックはいいけど、Tバックは履かない」

公開: 更新: テレ朝POST

MC・千原ジュニアが切り込むABEMAの報道情報番組『ABEMA的ニュースショー』(ABEMA NEWSチャンネル)。

3月10日(日)に生放送された同番組では、埼玉県営公園のプールを使用した水着撮影会において、水着やポーズなどの新ルールを設けたことを紹介した。

©AbemaTV,Inc.

新ルールでは、着用水着の規定として「サイズは底辺及び高さが各10センチの三角形以上」や、ポーズは「水着をズラすのは不可」などと具体的に明記されている。

この細かいルール化に対し、タレントの岸明日香は「“撮影会”という場所でやるのは、たしかにハードルが高いのかも?と思うような水着やポーズがNGとされているように思う」とコメント。

続けて、「私はグラビアのこだわりが強くて、細かくルールを決めている」と明かし、自身の“グラビアルール”を披露した。

©AbemaTV,Inc.

岸は「写真集では胸の下部分を見せても、雑誌では見せない。たとえ露出度が高い写真集であっても、Yバックの水着はいいけど、Tバックは履かない。そのほかにも、何も身に着けていないお尻は見せない、過激な衣装は着ないなどと決めている。以前にも、花束で胸元を隠すと聞いていたのに、花が一輪だけ用意されていたことがあって、きちんと『無理です』と断った。他の人からしたら、『どう違うの?』という絶妙な違いが私にとっては大切だったりする」と力説。

その理由を「『これ以上は絶対にやらない!』という線引きを自分の中でしっかり決めておかないと、『前にこんな水着を着てたから、これもいいよね?』というせめぎ合いに打ち勝てなくなるんです」と明かした。

また、グラビアアイドルを多数撮影しているプロカメラマンが「世間からのグラビアの見られ方が厳しくなった。昔は色々な挑戦ができたが、最近は撮りづらくなったようにも感じる」と指摘すると、岸は「正直に言うと、その世間の風潮によって守られている女の子もいる。グラビアをやりたい子にとっては、優しい世界になってきたのでは?」と自身の意見を語った。

©AbemaTV,Inc.

さらに、グラビア担当経験がある元雑誌編集者の田辺健二氏は「今はデジタルの時代だから、色合いや影の補正は当然する。その中で、『もっと細くできませんか?』『顔を小さくしてください』と事務所から言われた経験も、編集者なら一度はある」とこぼす。

岸は「私も結構ガッツリやってもらってますよ」と反応し、「岩場の撮影で接触し、肌が赤くなっていたらそれを消してもらったり、クマが目立つようならそれを薄くしてもらったりしている」と明かした。

これに、田辺氏は「この通り、グラビアの“生々しさ”を残すのが難しくなっているんですよね」と話すと、千原ジュニアは「今後は『加工ゼロ』を売りにするグラビアアイドルが台頭してくるかもね」と推測していた。

※番組情報:『ABEMA的ニュースショー
毎週日曜ひる12:00~ひる2:00、ABEMA NEWSチャンネルで生放送