「年下で笑わない」永野に異変!笑えば自腹100万円…異色ピン芸人のネタに「それはズルいよ」

公開: 更新: テレ朝POST

千鳥がMCを務めるバラエティ『チャンスの時間』(ABEMA SPECIALチャンネル)。

1月21日(日)の同番組では、ピン芸人・永野を審査員に迎えた新たな賞レース企画「年下なのに永野を笑わせたら100万円!年下お笑い大賞」が放送された。

©AbemaTV,Inc.

今回の企画は、以前「年下の言うことって何もおもしろくない」「年下のエピソードとか年下の世界観で笑わない」と豪語していた永野を笑わせることができれば、永野の自腹の賞金100万円を獲得できるという賞レースだ。

出場資格は49歳の永野より年下であること。全7組の若手芸人がエントリーし、4番手に登場したピン芸人・白桃ピーチよぴぴのネタでは、「年下で笑わない」鉄壁の永野の表情が変化する場面があった。

©AbemaTV,Inc.

漫談からオリジナルソング『デメリットファイヤー』を歌い出した白桃ピーチよぴぴのネタに、千鳥は「これは笑う」「わけのわからない漫談からの自作の歌」などと溢しながら爆笑し、永野を注視する。

こうした千鳥のコメントに怪訝な表情を向けた永野だったが、時折手で顔を覆い、眉間に皺を寄せて耐えるような表情を見せるように。

©AbemaTV,Inc.

そんな永野の変化に、ノブは「いけいけ!」「がんばれ」と白桃ピーチよぴぴに声援を送り、スタジオは一気に応援ムードが高まるが、白桃ピーチよぴぴが歌い切ったところでネタは終了。

永野は千鳥に向かって「なんで協力して来んの?」と不満を漏らすと、「俺に向かって言ってたじゃん。“お前笑えよ笑えよ”みたいな」「それはズルいよ」と、千鳥が笑わせようとしたと言い張るが、白桃ピーチよぴぴは「変なこと言ってます」と永野にズバリ反論。永野と白桃ピーチよぴぴの白熱するやりとりに笑ってしまう千鳥だった。

©AbemaTV,Inc.

また、永野は千鳥が「よくできたコント」と評価したサスペンダーズを「正直君ら流行んねえって」と酷評。

昨年大晦日に放送されたバラエティ番組『おもしろ荘』で準優勝したリンダカラー∞のDenについては、「心配だから言うの」ととある懸念を明かす。

この永野のまさかの見解に千鳥は爆笑となっていた。

※番組情報:『チャンスの時間
番組の模様は、「ABEMA」にて配信後1週間無料で視聴可能