矢部浩之、まさかの“ご褒美”にハダカになって大ハッスル!「痛い…痛い」な展開も

公開: 更新: テレ朝POST

1月1日(月)、ABEMAにて鶴瓶&ナイナイのちょっとあぶないお正月 2024が配信された。

長らく親しまれてきたお正月の名物番組『志村&鶴瓶のあぶない交遊録』の志を受け継ぐ同番組。

今回は、笑福亭鶴瓶とナインティナイン(岡村隆史・矢部浩之)、そして三村マサカズ(さまぁ~ず)がおなじみの人気企画「元祖 英語禁止ボウリング」に挑んだ。

英語を一切話してはいけない状況でボウリング対決をする同企画。その名物といえば、ストライクやスペアを獲得したり、特別ルールをクリアすると受けられるコスプレ美女たちからの“ご褒美”だ。

今回の「元祖 英語禁止ボウリング」では、矢部浩之が裸になって体を張り、ご褒美で大ハッスルする展開となった。

序盤、2023年のスポーツの話題を席巻した“ベースボール”風美女から密着&ほっぺにチューのダブルご褒美を受けて「すごない?今年」とテンションが上がる矢部。

さらに、ミニスカ郵便局員風コスプレ美女からは、視覚的にも嬉しい写真のご褒美までもらう。

テンションもボウリングの調子も上がっていく矢部は、後半には見事ストライクを獲得。

ここでのご褒美に登場したのは…コスプレ美女ではなく、力士のような男性。

彼は、Netflixドラマ『サンクチュアリ‐聖域‐』に登場し注目を浴びた義江和也だ。

彼に言われるがまま、服を脱いでまわしも付けさせられる矢部。もしや義江を相手に相撲…?と思いきや、登場したのはやはり、まわしを付けたコスプレ美女。

矢部は彼女を相手に、乳首に洗濯バサミを挟んで“乳首相撲”を行うことに。

結果、ご褒美でありながら非常に痛い思いをして大奮闘する。

そんな矢部は、終盤に登場した“タイガース”風美女からのご褒美もゲット。

相手の女性は1人と思いきや、ここでこれまで登場してきた女性たちも虎柄ビキニルックになって一気に登場。これに矢部は大喜びだ。

しかし、矢部はこの集団セクシー美女9人に囲まれ、またもや脱がされてしまう。

この驚きの展開に矢部は、「なんやこの集団コント」と笑うしかない様子だった。

一方、今回はアキレス腱断裂というケガを負いながら臨んだ相方・岡村隆史は、必死の両手投げによってなんとかご褒美をゲット。

しかし、このご褒美に岡村は大いに戸惑うことに…。岡村の身にいったい何が?

※配信情報:『鶴瓶&ナイナイのちょっとあぶないお正月 2024
2024年1月8日(月)まで「ABEMA」にて無料配信中

PICK UP