ももクロ・玉井詩織、ゲーム企画で痛恨のミス!

公開: 更新: テレ朝POST

ももいろクローバーZのリアルな姿を配信するテレ朝動画のオリジナル番組ももクロChan

#685は「ももクロ一致ポーカー」をお届け!

◆熱海旅行ゲットで、ガチになってるももクロ

人気企画「ももクロ一致ポーカー」は、6人のプレイヤーが、設定された5つの役をそろえていくゲーム。プレイヤーは出題に対して、他のプレイヤーと回答を一致させたり、あえてズラしたりしながら、役をそろえていく。

5つの役は「オールイッチ:6人全員一致」「ファイブ・ワン:5人一致と1人」「ハーフ&ハーフ:3人一致が2組」「3ペア:2人一致が3組」「オールフイッチ:6人全員不一致」となっている。すべて達成すると「高級すきやき弁当」をプレゼント。また、2周目もクリアすると「フリータイムつき、いつかの沖縄ロケ」という豪華なごほうびが待っている。

今回は、ももクロの4人に土佐兄弟を加えてチャレンジ。前回の#684では「ファイブ・ワン」と「オールフイッチ」をクリアした。残る役は、あと3つ。

トントン拍子に役を成立させたいところで、土佐兄弟・卓也の選んだお題は「モテる部活といえば?」だ。二択だろうと意見が一致し、ハーフ&ハーフを目指すことになったが、百田夏菜子だけが「学校によっても違くない?」と異論を挟むが、玉井詩織が「モテるのは2択なんだよ」と説得し、そのまま回答することに。

その結果、見事にサッカー部とバスケ部に分かれたが、案の定、百田は「陸上部」と回答し、役は不成立となった。玉井も「たしかに足速い人はモテるけど…陸上部っていうイメージはなかった」と苦笑い。百田は「バスケ部とかってあんまわかんない」という。自身もバスケ部だった百田にとって、身近な存在だったからこそ、ピンとこなかったのかもしれない。

高城れには「双子の芸能人といえば?」でオールイッチを狙うのだが、土佐兄弟・有輝が「ザ・たっち」と書いたパネルを見せた瞬間、思わず笑い出してしまう。今年『ももクロChan』にも出演し、すっかりおなじみとなった「ザ・たっち」でオールイッチとなるかと思いきや、なんとここでも出題した当人である高城が「マナカナ」と書いてしまった。「ファイブ・ワン」はすでにクリアしているため、意味がない。

そろそろ何かひとつ役をクリアしたいところ。有輝は「北海道で食べたいものといえば?」で、ハーフ&ハーフか、3ペアを狙う作戦に。その有輝が「ジンギスカン」と出した瞬間、スタジオが静まり、妙な緊張感に包まれる。これにはMCの東京03・飯塚悟志が「カジノみたいな空気だった、楽しくやろうよ!」とツッコむ。

それもそのはず、この6人は#677〜679の企画「THE HARAHARA FOUR」を見事クリアし、「熱海旅行ロケ」をゲットしている。これまでなかなかゲットできなかった「旅行」という商品が現実になってしまったため、全員がガチになっているのだ。

玉井の「バラエティだよ!」という声で、いったんは全員の肩の力が抜けたかに思えたが、このお題は結局てんでバラバラの回答が並んでしまい、またまた役は不成立となってしまった。

◆土佐兄弟・卓也が卵料理の謎法則をでっち上げる!

続いて、卓也は「卵料理といえば?」でハーフ&ハーフを狙う。全員がきょとんとするなか、「冷静に考えて。あの法則に気づけば2択だから」とゴリ押しする卓也。全員が腑に落ちないなか、回答オープン。

有輝が「オムライス」で卓也が「目玉焼き」。この時点で、卓也以外はみな「え?」という表情。百田も「思ってた感じと違う」と苦笑いだ。

しかし高城も「目玉焼き」と回答し、佐々木が「卵焼き」と答えると、卓也は「オッケー! マジそういうこと」と確信した様子。

そして百田のパネルには「卵焼き」の文字が! 卓也の語る「法則」に誰もピンときていないのに、奇跡的にリーチとなったところで、最後の回答者である玉井のパネルをオープン! しかしそこには「オムレツ」という文字が…。惜しくも失敗してしまった。

ちなみに卓也の語っていた法則とは「卵焼き or 目玉焼き」という“焼きの法則”だったそう。しかしここに有輝と玉井の“オムの法則”が入ってきたのが誤算だったとか。卓也のひとりよがりな判断基準は、今後奇跡を生むのか、それとも波乱を巻き起こすのか。

◆しっかり者なしおりんの凡ミスに爆笑!

次の出題者は百田。お題に悩みながら「絶対無理か…『ドラキュラの倒し方といえば?』」と試しに言ってみると、玉井が食い気味に「いけるよ!」という。

なぜか玉井は自信ありげだが、ほかのももクロの3人はピンときていない様子。ここで事件が起こる!

みんなが悩むなか、真っ先に回答を書き終わった玉井は「えー? みんな“十字架”倒したことないの?」と言ってしまったのだ。すぐに「あ、十字架じゃない、(ドラキュラと)間違えた」と笑ってごまかそうとしたが、飯塚が無情にも「終了!(クリアした役)没収しますよ!」といい、玉井に向かって「なにがももクロイチしっかりしているだよ!」とツッコみ、佐々木も「『倒したことないの〜?』とか言って。ないよ!」とイジる。

ドラキュラの倒し方を回答前にうっかり口に出してしまう自分の凡ミスに、玉井も顔が赤くなる。ももクロでもっともしっかり者だといわれる玉井の痛恨のミスに、全員が大笑いするのだった。次回、巻き返すことはできるのだろうか!?

本エピソードの再編集版は、12月15日(金)朝5時からBS朝日で『おはよう!ももクロChan』として放送される。テレビ放送はもちろん、未公開映像がたっぷり詰まったテレ朝動画のデラックス版『ももクロChan』もチェックしよう!

※動画の視聴は、こちらから

※テレ朝動画『ももクロChan
次回は2023年12月15日(金)よる6時ごろ配信開始予定 過去のアーカイブも公開中!

※テレ朝動画『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし
毎週月曜よる7時〜生配信!ももクロもゲストで出演も! アーカイブも公開中

※テレ朝動画『Musée du ももクロ ~アートの学びをデザインする~

PICK UP