『とんねるずのスポーツ王』リアル野球BANにメジャーリーガー&WBC優勝メンバーら参戦!

公開: 更新: テレ朝POST

2024年1月2日(火)に放送されるお正月の風物詩とんねるずのスポーツ王は俺だ!!

25年目を迎える2024年も、石橋貴明&木梨憲武が日本のトップアスリートたちと真剣勝負を繰り広げる。

「リアル野球BAN」には、今回も豪華メンバーが集結。メジャーから鈴木誠也、WBC優勝の立役者のひとりである近藤健介ら“チーム侍”に、石橋貴明率いる“石橋ジャパン”が挑む。

◆世界一メンバーからメジャーリーガーまで勢ぞろい

毎回、放送時は常にSNSでトレンド上位を占め大きな話題となる「リアル野球BAN」。

今回は“石橋ジャパン”と“チーム侍”が真剣勝負を繰り広げる。

石橋貴明率いる“石橋ジャパン”は、おなじみゴルゴ松本(TIM)をはじめ、吉岡雄二(富山GRNサンダーバーズ監督)、阪神タイガース優勝に導いた魔法の合言葉「バモス!」で知られる原口文仁(阪神タイガース)、そして前回もエンターテイナーぶりをさく裂させた杉谷拳士という、“帝京魂”あふれる強力な面々が揃った。

一方、彼らを迎え撃つ“チーム侍”は、最多本塁打と最多打点の二冠を獲得、ゴールデングラブ賞を初受賞したばかりか、WBCでは不動の2番打者として出塁率も5割と躍動した近藤健介(福岡ソフトバンクホークス)、同じくホークスから盗塁を強肩で刺す“甲斐キャノン”で知られ、WBCでも主力選手として優勝に大いに貢献した甲斐拓也、2022年のパ・リーグ首位打者で、2023年も自己最多の134試合に出場した選手会長・松本剛(北海道日本ハムファイターズ)、そして日本人右打者としては初の快挙となるシーズン20本塁打を達成したメジャーリーガー・鈴木誠也(シカゴ・カブス)が3年ぶりに参戦。

世界一メンバーからメジャーリーガーまで、豪華選手が勢ぞろい。さらに、彼らの登場シーンでは、千葉ロッテマリーンズの本拠地・千葉マリンスタジアムの伝説のウグイス嬢として知られる谷保恵美が場内特別アナウンスを披露。オープニングからこの対決を盛り上げる。

これまで2100試合を担当し、2023年に引退を表明。まさに、この「リアル野球BAN」が最後の雄姿となる。

◆絶好のコンディションで臨む石橋!

華やかな雰囲気のなかで始まった対決だが、なにやら“チーム侍”は余裕の談笑。

見かねたゴルゴ、杉谷がおなじみとなった“コンビ芸”の新作を引っ提げて、近藤らを挑発する。

そして今回は、石橋の配球が冴えわたることに。

公式戦では絶対に見られない、一流選手たちの“まさかの姿”も。

しかしそこは、最強の選手が集まった“チーム侍”。さすがの適応能力を見せながら、“石橋ジャパン”を追い込んでいく。

“石橋ジャパン”の攻撃では、「帝京魂!」の意地とプライドが爆発。

「この1年、仕上げてきた」という、ブランクを感じさせない杉谷が大活躍。

また、ジムに通い、この日のためにコンディションを整えてきた石橋も、「打球の速さ、勢い、飛距離が全然違います」と例年にはないバッティングを披露する。

2024年の“石橋ジャパン”はひと味もふた味も違う。“チーム侍”が天を仰ぐ場面も?

石橋が「最後まで、お手洗いに立てないと思います。よく“まばたき厳禁!”なんて言いますが、まさにその感じです」と語る、白熱の戦いから目が離せない。

はたして勝敗の行方は?

「全力でやります!」と意気込む鈴木からはメジャーらしい豪快な快音が聞けるのか。そして近藤、甲斐の活躍でWBCのあの興奮と感動が再び?

石橋が「やっぱり、プロ野球選手はすごい」と感嘆するほどのミラクルプレーが飛び出す「リアル野球BAN」に注目だ。

◆石橋貴明 コメント

結果はもちろん言えませんが、今現在、声が枯れています(笑)。いかに対決が盛り上がって、知らず知らずに大きな声を出していたかということですね。

年齢的なこともありますが、「打たれるかもしれない」というときの動悸、息切れ、目眩…(笑)。とにかく、それくらい競った戦いでした。

最後まで、お手洗いに立てないと思います。よく“まばたき厳禁!”なんて言いますが、まさにその感じです。

しかしやっぱり、プロ野球選手はすごいですよ。あらためて実感できましたね。

僕自身はジムに通って2年になりますが、始めた頃はまったく成果が出なかったので「なんのためにやってんだ!」と。

でも、今回は違います。ジム通いに加え、検眼してスポーツサングラスも新調。バッティングフォームを変えたことで、打球の速さ、勢い、飛距離が全然違います。ぜひ楽しみにしていてください!

※番組情報:『夢対決2024 とんねるずのスポーツ王は俺だ!!
2024年1月2日(火)午後5:00〜、テレビ朝日系列