M-1王者が“相方の家族”に不満爆発!感謝を綴ったビデオレターに「これは一番泣けない」

公開: 更新: テレ朝POST

千鳥がMCを務めるバラエティ『チャンスの時間』(ABEMA SPECIALチャンネル)。

12月3日(日)は、緊急特別企画「ウエストランド・井口の愛を取り戻せ」が放送された。

©AbemaTV,Inc.

「大人になってから泣いたことがない」という、愛を失った悲しき“『M-1』チャンピオン”ことウエストランドの井口浩之のために実施された今回の企画。

井口に心を取り戻してもらうため、相方の河本太、同期のラブレターズ(塚本直毅、溜口佑太朗)、映画コメンテーターの有村昆が、それぞれおすすめの感動映像を紹介することに。

井口はスタジオ内に設置された個室ビデオボックス内で、ほかのメンバーもスタジオで同時に視聴し、心をなくした井口を感動で泣かせることができるか検証した。

©AbemaTV,Inc.

有村の紹介した芸人が主人公の映画『手紙』や、塚本が推薦した鉄拳によるパラパラ漫画作品『お父さんは愛の人』を見ても、まさかの感想を口にする井口に一同は騒然。

そこで河本は、「(相方である)僕の娘のビデオレターを見たらさすがに泣くんじゃないかな」と、日頃の感謝を綴ったビデオレターを公開するが、井口は「これは一番泣けない」とバッサリ。

続けて河本の家族に対する不満を爆発させた井口に、河本は「俺のことはいいけど家族のことは言うなよ」と声を荒げ、スタジオに困惑と笑いが広がる事態になっていた。

©AbemaTV,Inc.

※番組情報:『チャンスの時間
番組の模様は、「ABEMA」にて配信後1週間無料で視聴可能