吉川愛、1月スタートの道枝駿佑主演『マルス-ゼロの革命-』でヒロインに!

公開: 更新: テレ朝POST

2024年1月期、道枝駿佑がゴールデン帯連続ドラマ初主演を務めるマルス-ゼロの革命-

『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の脚本家・武藤将吾が3年ぶりに完全オリジナルで描く同作。

道枝演じる謎多きカリスマ転校生《ゼロ》とともに「マルス」という動画集団を結成し、大人がつくった社会を壊していく落ちこぼれ高校生たち。そのメンバーのひとりを吉川愛が演じることが発表された。

『純愛ディソナンス』、『真夏のシンデレラ』(ともにフジテレビ)といった人気ドラマや第45回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した映画『ハニーレモンソーダ』、そしてCMなどに数々出演しキャリアを積み上げてきた吉川。

そんな吉川が『マルス』で演じるのは、今作のヒロインでもある貴城香恋(たかしろ・かれん)。

板垣李光人演じる逢沢渾一の幼なじみで、彼の初恋相手でもある香恋。精神年齢が高く、頭がよく切れる彼女は、ゼロが始動させた動画集団「マルス」に図らずも加入してしまうことになる。

今作で演じる香恋について吉川は、「この物語の中でいろいろなことに関わっていく女の子なのかな」と分析。「女の子らしいというよりはサバサバしている子なので、そこが自分と似ている」と自身と通い合う部分を挙げた。

脚本を手掛ける武藤将吾の作品についても、「たくさんの作品を観ていましたので、私もその世界に入ることができるということに喜びとプレッシャーがあります」と吉川。「(武藤さんの)脚本を壊さないように全力で演じなければならないなと思っています」と決意を新たにしていた。

◆吉川愛(貴城香恋・役)コメント

――『マルス』への出演オファーを受けた時の感想は? また、企画書や脚本を読んで、どのようなイメージを持ちましたか?

最初は普通の学園ドラマなのかなと思っていたのですが、ある時1人の少年が現れることで、学校のいろいろな裏が明らかになっていきます。

この少年は何者なんだろう…と、緊張感のあるドラマになるだろうな、と思いました。私自身も緊張感を持ちながら、演技を頑張らねばと今から喝をいれています。

――貴城香恋という人物をどんな風に演じたい、と今イメージしていますか?

まだなんとも言えない部分がありますが、この物語の中でいろいろなことに関わっていく女の子なのかなと思っています。女の子らしいというよりはサバサバしている子なので、そこが自分と似ているのかな?と思います。

――今作の脚本を手掛けるのは『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』などで知られる武藤将吾さんですが、武藤さんの作品へのイメージや、今作で楽しみにしていること、期待していることがあれば教えてください。

もちろんたくさんの作品を観ていましたので、私もその世界に入ることができるということに喜びとプレッシャーがあります。

1話進むごとに次のお話はどうなるんだろう?と気になっていました。今回のお話も楽しみにしています!

そして、その脚本を壊さないように全力で演じなければならないなと思っています。

――主演の道枝さんの印象は?

まだ1回しかお会いしていないのですが、普段はキラキラしていてアイドルのイメージが強いので、謎の多い役を演じるというギャップが楽しみです。

※番組情報:2024年1月期 新番組『マルス-ゼロの革命-
2024年1月スタート!毎週火曜よる9:00~9:54、テレビ朝日系24局

PICK UP