「永遠に働き続けたい。この仕事を愛しています」極上の歴史散歩に誘うリバプールの水先案内人

公開: 更新: テレ朝POST

世界各国の美しい港町や風景を伝える番組『港時間』。

11月11日(土)の放送では、イングランド・リバプールにある素敵なレストランを特集した。

町で唯一の水上レストランとして、4年前にオープンしたこの店。

オーナーのピーターさんは大の歴史好きで、「リバプールの長い歴史に驚かされます。だからこの仕事をはじめたのです」と話す。

クルーズでは、自ら歴史ガイドも務める。ゆっくりと、モノクロームの時代へ…。

貿易港として発展したリバプールには、レンガ造りのドッグなどが今も残っている。

それは、極上の歴史散歩。とくに人気が高いのが、午後の日差しのなか、英国伝統のアフタヌーンティーを楽しむクルーズだ。

おいしい紅茶とピーターさんの歴史物語。海と街の繋がりを感じながら、穏やかな湾内をゆったりとめぐる。

ピーターさん:「永遠に働き続けたい。この仕事を愛しています」

まさに、リバプールの水先案内人だ。

次回11月18日(土)放送の『港時間』では、クロアチアの港町の魅力を紹介する。

※『港時間』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
番組情報:『港時間
毎週土曜 22:54~23:00、テレビ朝日

(ABCでは毎週金曜 よる11:10~、メ~テレでは毎週日曜 午後5:25~に放送)