元宝塚歌劇団トップ娘役・潤花、『相棒』で映像作品デビュー!「夢かと思うほど…」

公開: 更新: テレ朝POST

11月22日(水)放送の相棒season22第6話「名探偵と眠り姫」に、元宝塚歌劇団・トップ娘役の潤花(じゅん・はな)が事件のカギを握るヒロイン役でゲスト出演。

潤花にとって、2023年6月の退団後、本作が初の映像作品となる。

在団当時から、華やかな存在感と確かな演技力で高い評価を得ていた潤花。彼女が本作で演じるのは、老舗デパート創業一族の令嬢・蔵本里紗だ。

里紗は5歳のとき、誘拐被害に遭遇。幸いすぐに救出されたものの、睡眠薬で眠らされ連れ去られたという手口から、“眠り姫誘拐事件”として世間を騒がせた過去があった。

そんな事件のトラウマから外出を恐れて自宅に引きこもりがちになった里紗は、まさに“深窓の令嬢”として美しく成長。

ところが、その里紗が自身の婚約お披露目パーティーを前に会場からこつ然と姿を消す事態が発生する。

しかも、彼女の失踪とほぼ同時に「警視庁特命係・杉下右京殿 眠り姫事件の犯人は殺された。至急真相を解明されたし」と、まるで杉下右京(水谷豊)への挑戦状のような情報提供が警視庁に舞い込んでいた。

17年前の眠り姫誘拐事件の犯人は投身自殺で幕引きとなったはずだったが、まさか殺されていたのか?

右京は亀山薫(寺脇康文)とともに捜査を開始。すると、彼女が会場から抜け出すのを手伝ったのが自称名探偵・マーロウ矢木(高橋克実)だとわかって…。

 

◆水谷豊、寺脇康文、高橋克実に感謝!

今回、初めて映像の世界に降り立った潤花は、『相棒』からのオファーに「夢かと思うほどうれしかったです。現場に入ってからも、テレビを見ているかのような信じられない気持ちでいっぱいでした」と喜びを告白。

カメラの前での演技を体験し、「現場でみなさんと作り上げる世界に身を委ねるのも心地いいんだなということを、初めて知りました。映像を作っていく過程はとても楽しかったです」と撮影に刺激を受けたことを明かした。

また、演技に打ち込むことができたのは水谷豊、寺脇康文らの温かな現場づくりのおかげだとも話し、

「いろいろ質問してくださったり、何気ない会話をしてくださったりして私の緊張をほぐしてくださいました。寺脇さんのダジャレに水谷さんがツッコミを入れて、そこに高橋克実さんも加わって、カメラが回る寸前まで笑わせてくださり、こらえるのが大変でしたね。そうやってコミュニケーションの場を作ってくださったからこそ、お芝居にグッと入り込むことができました」

と、やさしい気遣いに感謝していた。

さらに、演じた役柄・里紗については「単なる“お姫様”や“お嬢様”ではありません。幼い頃に体験した苦しさ、つらさを抱えながら生きてきた彼女は、弱さの中にも強さを持つ女性だと感じています」と愛情をもって分析。

凛とした演技で里紗の内に秘めた強さを表現し、堂々の映像デビューをはたしている。

 

※番組情報:『相棒season22』第6話「名探偵と眠り姫」
2023年11月22日(水)よる9:00~9:54、テレビ朝日系24局

※『相棒season22』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

PICK UP