オードリー若林も「本当に嫌い」と爆笑!“客に媚びすぎる芸人”のテクニックにドン引き

公開: 更新: テレ朝POST

11月3日(金)の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』では、2015年に発売された『しくじり先生』DVDの3巻同時購入者だけに配布されたタイムマシーン3号による特別授業が初公開された。

現在はYouTubeのチャンネル登録者数が80万人を突破し、人気お笑い番組にもレギュラー出演するなど絶賛ブレイク中の山本浩司と、関太からなるタイムマシーン3号。

そんな彼らは、かつて芸人仲間から「タイムマシーン3号みたいな芸人にだけはなりたくない」と総スカンをくらっていたと告白する。

そして、その原因は自身らの“客に媚びすぎる芸風”にあったと懺悔し、「客に媚びすぎて芸人から嫌われちゃった先生です」と自己紹介した。

授業の前半は「第1章 媚びるマシーン3号~これが客に媚びる漫才師だ~」と題し、“媚びるネタ”を作るようになった原因や“客に媚びすぎた結果待ち受けていた地獄”について授業を展開した。

NHKの人気お笑い番組『爆笑オンエアバトル』で史上2組目の満点獲得を達成するなど、輝かしい結果を残してきたタイムマシーン3号。

「おもしろいよりお客さんに嫌われないこと」が確実に勝つ法則であると確信したと言い、“汗をかいて頑張ってるアピールをしないといけない”、“出媚び・入媚びをする”など、当時のネタ見せ後の反省点を紹介する。

山本は、“頑張ってるアピール”としてステージの袖から登場する際にしていた“とある出方”を披露し、オードリー若林正恭は「そういう出方する漫才師大嫌いだった」と爆笑した。

また、観覧希望の客に向けて好印象を抱かせる“入媚び”や、逆に客を会場の外で出待ちして媚びを売る“出媚び”についても解説し、一同はドン引き。

若林はまたも「本当に嫌い」と爆笑し、事務所の後輩であるぐりんぴーすは「正直キツいっすね」とコメントしていた。

そんななか、2005年には『M-1グランプリ』決勝進出を果たしたタイムマシーン3号だが、芸人相手にまったくウケないネタをやり続けた結果、まさかの地獄が待ち受けていたと回顧する。

また、「第2章 媚びるマシーン3号からの警笛~それでも客に媚びますか?~」と題した授業の後半では、芸人に嫌われる“媚び芸人”になってしまう若手の特徴や、“媚び芸人”を続けることで生じる恐ろしい欠点などを紹介。

客に媚び続けた結果、“個性が薄れた超迷走期”に突入してしまったタイムマシーン3号の暗黒時代を振り返った。

そして番組終盤では、「それでも媚びる若手漫才師の皆さんへ」と題した最終章を展開。関が自身の経験をもとに学んだ“テレビに出られない理由”を解説したほか、山本は“悩んだときの指針となるもの”として「○○を聴け」と提言するなど、若手芸人に向けたアドバイスを送っていた。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
ABEMA
毎月第1〜3金曜 よる9:30
第4金曜 地上波放送終了後〜
【地上波】
毎月第4週金曜 深夜0:45~深夜1:15、テレビ朝日系(※一部地域を除く)