「ラリージャパン2023」開催直前!大型特番が放送 世界が熱狂するど迫力映像連発

公開: 更新: テレ朝POST

自動車競技・ラリーの最高峰といわれる“世界ラリー選手権”。今シーズンも既に12戦が終了し、残るはラスト1戦。そのシーズン最終戦は、去年に引き続き日本で開催となる。

世界ラリー日本大会「ラリージャパン2023」は、11月16日(木)~19日(日)、愛知県豊田市の豊田スタジアムを拠点に愛知・岐阜の2県にまたがって開催。

最終日である19日(日)、テレビ朝日系列ではラリージャパンの超大型中継特番『世界ラリー日本大会!ラリージャパン2023』を放送。

大会を2週間後に控え、本日11月4日(土)は、事前特番『ラリージャパン2023直前!徹底予習SP!〜世界ラリー応援宣言』が放送される。

番組には、ラリー出場経験を持つヒロミと、2020年から“テレビ朝日ラリージャパン応援団”を務めてきたEXIT(りんたろー。、兼近大樹)が出演。さらに、スタジオゲストにラリー初心者の土田晃之、トレンディエンジェル・斎藤、そして富田鈴花(日向坂46)を迎える。

◆ど迫力映像連発!世界ラリーの魅力を徹底解説

本日放送の事前特番では、ラリー初心者でも分かるようにラリーの魅力を丁寧に紹介。

ラリーの特徴は、公道を走ること。モナコのモンテカルロの断崖絶壁のコース、ケニアでマサイ族が見ている中を走るサファリラリー、メキシコの砂漠地帯、スウェーデンの銀世界…過酷なコースを時には時速200kmを超えるスピードで駆け抜ける大迫力の映像を紹介する。

また、1大会の総走行距離、タイムを計る区間など世界ラリーのルールも解説。一般車と同様の道を走る区間では、それぞれの国の交通ルールに従わなければならず、スピード違反で警察に止められてまさかの免許停止…?

そして、こちらもラリー名物であるファンの存在。故障車を知らせたり、本当はマシンに触ってはいけないけど、“妖精”として脱線した車を助けたり…。

これに富田は、「ファンの皆さんが一生懸命、コースアウトした車をドライバーさんのために引っ張ったり押したりしている姿を見て、ファンの皆さんも含めてチーム一体となるのがラリーなんだなと思いました」と感激する。

そして、日本大会に参加するドライバーたちも紹介。

最年少世界王者・トヨタのロバンペラ、そして同じくトヨタの日本唯一の世界ラリードライバー・勝田貴元のルーツをEXITが訪ねる。

※番組情報:『ラリージャパン2023直前!徹底予習SP!〜世界ラリー応援宣言』
2023年11月4日(土)午後1:30~午後3:00、テレビ朝日(関東地区)・メ~テレ