我が家・杉山にスタジオ騒然!ロッチ・コカドからの助言をまったく聞いておらず…

公開: 更新: テレ朝POST

10月27日(金)のしくじり先生 俺みたいになるな!!では、ロッチコカドケンタロウ中岡創一)の持ち込み企画「禁断のしくじり芸人“我が家”」の完結編が放送。

我が家の3人――坪倉由幸杉山裕之谷田部俊が収録を忘れて本音丸出しのガチギレ討論を繰り広げた。

この「禁断のしくじり芸人“我が家”」は、現在トリオでの仕事がほとんどなく、解散寸前で踏み止まっている結成20年のお笑いトリオ・我が家の今後を“しくじり学園”のメンバーとともに考えようというロッチの持ち込み企画。

前編では、“週5”俳優業で月収約100万円の坪倉、“週5”1円パチンコで月収2万円の杉山、“週5”アルバイトで月収2万円の谷田部という3人の収入格差が明らかに。

続く中編では、“谷田部がバイトをしていることをイジるとガチギレする問題”を深掘りしていた。

◆「クズだけど世間から嫌われたくない」

そして完結編である今回、まず議題に上がったのは、“杉山がクズのくせに嫌われるのが怖い問題”。

坪倉は常々、杉山に対して、ナダルやクロちゃんのように「クズを極めてほしい」「悪いキャラに振り切ってほしい」と思っていたものの、杉山は“クズキャラ”でありながら世間から嫌われるのを怖がり、いい人に見られたいがために「前に出ようとしなくなった」「その結果なんにも面白くなくなっちゃった」と不満をぶちまけまる。

しかし当の杉山は、「坪倉と谷田部に見殺しにされるから前にいけなくなった」と責任転嫁。「(クズ)エピソードがリアルすぎて、お客さんが引いちゃうときも、2人ともフォローがない。ボケでかぶせてくることもないし、そのまま放置するし、なんならもうひとつクズエピソードを添えて“追いクズ”してくるから、シンプルに“嫌なヤツ”になっちゃうんです」と反論する。

それを聞いたハライチ・澤部佑は、「そこがいちばんの見せ場なんじゃないですか?」「クロちゃんとナダルだったらそこでブチギレて、もっと客を引かせる」と事務所の先輩である杉山を遠慮なくバッサリ。

坪倉も、杉山がクズ話を嫌がり、先輩芸人にイジってもらっても「“それは違います”とか、“昔のことなんで…”と返して、スッと引くときがある」などと、イジリを早々に終わらせてしまうことを指摘した。

この話し合いを見守っていたロッチ・コカドは、「笑いにしようとする姿勢が弱いんじゃないか。もっと最後、ゴールを決めるまで、ちゃんと笑いにしたらいい。たとえ笑いにできなくても、笑いにできなかったことで笑いになるようにしたほうがいい。それをあきらめているのが、すごく見えていた」と熱く語りかける。

ところが、コカドから「そういう方向はどう?」と聞かれた杉山は「……はい?」とキョトン。まったくコカドの助言を聞いていなかったことが発覚し、このクズっぷりにスタジオは騒然となっていた。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
ABEMA
毎月第1〜3金曜 よる9:30
第4金曜 地上波放送終了後〜
【地上波】
毎月第4週金曜 深夜0:45~1:15、テレビ朝日系(※一部地域を除く)