アニメ『ドラえもん』で初公開!葉加瀬太郎の書き下ろし曲を子ども楽器隊が演奏

公開: 更新: テレ朝POST

2024年3月1日(金)に公開されるシリーズ第43作『映画ドラえもん のび太の地球交響楽(ちきゅうシンフォニー)』

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2024

音楽をテーマにしたこの作品の公開を記念して、全国の子どもたちによるドラえもんの楽器隊が結成。

彼らのために世界的バイオリニスト・葉加瀬太郎が書き下ろした楽曲『キミのぽけっと』が、10月28日(土)のテレビアニメドラえもんの放送で初公開される。

◆葉加瀬太郎、喜びを告白

私たちの日常に当たり前のように存在する“音楽”。しかし、もしも地球から“音楽”が消えてしまったら?

『映画ドラえもん のび太の地球交響楽』では、そんな音楽の力に注目。ドラえもんたちが奏でる交響楽(シンフォニー)で地球を救う大冒険がはじまる。

映画公開を記念して、「みんなで響き合う音楽の楽しさ」を感じてもらい、子どもたちの「音楽に挑戦してみたい!」「楽器を弾いてみたい!」「もっとうまくなりたい!」といった気持ちを応援するプロジェクト『ドラドラ♪シンフォニープロジェクト』が始動。

その一環として、ドラえもんの楽器隊・ドラドラ♪シンフォニー楽団を結成することになり、参加したい子どもたちを全国から広く募集した。

そんな楽器隊を応援するスペシャルサポーターに就任したのが、葉加瀬太郎。

そして、葉加瀬がドラドラ♪シンフォニー楽団のために書き上げた楽曲『キミのぽけっと』が、28日(土)の放送で初披露される。

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2024

最初の打ち合わせのあと、すぐにメロディーが浮かんだという葉加瀬。

そんな彼は、「打ち合わせでは藤子・F・不二雄先生にとっての“SF”は“サイエンスフィクション”ではなく、“少し不思議”な物語だとうかがったので、そのキーワードをもとに曲を書きました」と楽曲にこめた思いを明かす。

さらに、「ドラえもんの楽曲を作ることができるのは、ひとりの日本人として大きな誇り。制作しながら、ずっとドキドキワクワクしていました」と、作品へのリスペクトも語っている。

◆選ばれた子どもたちも発表

また28日(土)の放送では、オーディションで決定したドラドラ♪シンフォニー楽団の子どもたちも初紹介。

©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2024

楽器経験のある子どもから、そうでない子どもまで個性豊かなメンバーが集結。

バイオリンやチェロ、管楽器に加え、オカリナや三味線などさまざまな楽器を演奏する。

彼らはこれから映画関連イベントなどでの披露に向けて、楽器を練習していく。

葉加瀬も「すでに僕の頭の中では子どもたちが楽しく演奏する風景が出来上がっていますが、それを早く見たい。そして僕も早くその輪に参加したいです」と、楽団メンバーとの出会いにワクワク。共演を今から心待ちにしている。

◆葉加瀬太郎 コメント

最初の打ち合わせでスタッフのみなさんが作品への思いを熱く語ってくださったのですが、その打ち合わせが終わって次の仕事に行く車の中で、まずリコーダーやバイオリン、ボンゴ、チューバなどの楽器をキャラクターのみんなが楽しそうに演奏する“画”が頭に浮かび、そこからすぐにメロディーも浮かびました。

打ち合わせでは藤子・F・不二雄先生にとっての“SF”は“サイエンスフィクション”ではなく、“少し不思議”な物語だとうかがったので、そのキーワードをもとに曲を書きました。

アレンジをしてくださった羽毛田丈史(はけた・たけふみ)さんのアイデアで、イントロにモーツァルトの『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』のフレーズを入れたのですが、“少し不思議”でファンタジックな世界って、音楽でいえば、まさしくモ―ツァルト。彼の音楽は、無邪気で天才的で遊びも感じさせてくれるでしょう?

ドラえもんの楽曲を作ることができるのは、ひとりの日本人として大きな誇り。制作しながら、ずっとドキドキワクワクしていました。

一緒にコンサートツアーを回っている気心知れたミュージシャンたちにレコーディングを頼んだのですが、「ドラえもんのための楽曲だよ」と話したら、みんないい年なのにウキウキしていました。やっぱり日本人にとって、ドラえもんの存在ってものすごく大きいですね。

今回僕が心がけたのは、シンプルで演奏していて楽しくなる曲にしたいな、ということ。僕自身、演奏していてとても楽しいですし、さまざまな楽器で演奏できるように工夫してあります。ちょっとだけ練習しなければいけないところも作ってありますので、そこは頑張って練習してもらえたら!

さらには、いろいろなアレンジができるよう余白の部分もたくさん残してありますので、子どもたちとのアンサンブルで多彩なチャレンジができると思います。

すでに僕の頭の中では子どもたちが楽しく演奏する風景が出来上がっていますが、それを早く見たい。そして僕も早くその輪に参加したいです。

※番組情報:『ドラえもん
2023年10月28日(土)ごご5:00~5:30、テレビ朝日系24局

※『ドラえもん』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!