カンニング竹山、突如13億円の借金を背負った過去。父の急逝後に発覚「これは何だ?って…」

公開: 更新: テレ朝POST

10月25日(水)放送の徹子の部屋カンニング竹山がゲスト出演。父の死後、突如13億円もの借金を背負った過去を明かした。

幼少期は非常に裕福な家庭で育ったという竹山。

幼稚園のころはベンツで送り迎えしてもらう生活を送っていたが、小学3年生になったときに父の会社が倒産。借金の取り立てが自宅を訪ねてくることもあっただけでなく、「父と仲がいいと思っていた人たちがすごく豹変して。お金を返せみたいな感じで怖かった」と振り返る。

ところが、バブル時代では父が不動産業で大儲け。再び、裕福な生活が戻ってきたと話す。

そんななか、「ちょうどバブルの終焉と同時に父が脳出血で倒れて亡くなった」と回顧。父の遺産整理をするが、「何の仕事をどういう感じでやっていたというのがわからなくて…」と困惑したとか。

すると、当時すでに上京していた竹山のもとに裁判所から一通の手紙が。

「僕が13億円の借金を背負っていることになっていた。兄ちゃんにすぐ電話したら、兄ちゃんも十何億円の借金があって、これは何だ?ってなって…」(竹山)

調べた結果、父が竹山と兄の名義で勝手に借金をしていたことが発覚。最終的には、遺産放棄をして難を逃れたというが、「ロクでもないでしょう?」とこぼした。

このほか、竹山が上京する際のエピソードを披露。父から30万円をもらい夜中に家を飛び出したものの…。

さらに、スタジオでは幼少期に習っていたバイオリンを生演奏。黒柳徹子の反応は?

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

※番組情報:『徹子の部屋
毎週月曜~金曜 午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列