マカえん・はっとりが“愛する人”を思って書いた曲。「こんなふうにお互いを思いやれたら素敵」

公開: 更新: テレ朝POST

今さら人に聞けないような“音楽の基本”から、制作の裏側や専門テクニックなど“マニアックな知識”までを掘り下げていく関ジャム 完全燃SHOW

10月15日(日)の同番組では、「誰かのことを思って書いた曲特集」が放送された。

今回スタジオには、本間昭光、はっとりマカロニえんぴつ)、さかいゆうが集結。“誰かのことを思って書かれた”珠玉の名曲について熱いトークを繰り広げた。

はっとりが紹介したのは、あいみょんの『○○ちゃん』。

インディーズ時代の1st mini album『tamago』に収録されたこの曲。あいみょんが親友“○○ちゃん”のことを○○ちゃん目線で書いた1曲だ。

「僕は〇〇ちゃんとあいみょんと、3人で普通にごはんに行ったり。〇〇ちゃんを知っている」(はっとり)といい、○○ちゃんはよく知った間柄だと話す。

じつは、〇〇ちゃんは“恋多き女性”だそうで、あいみょんが彼女の幸せを願ってこの曲を制作したとのこと。

2人の関係性に、はっとりは「友達を思って、歌を作って。俺には、はたして(そんな友達は)いるのか」とうらやましがる場面も。

一方、はっとりにも“愛する人”を思って曲を作った経験があるそう。

それが、『キスをしよう』。

「4つ離れた姉がいて、仲悪かった。脅威だったんですよ」とはっとり。

そんな姉が結婚することに。すると、結婚式のために「(曲を)作ってよ」とリクエストされ、はっとりは「もう逆らえない」と承諾。

そうして、理想の夫婦像をテーマにした『キスをしよう』が出来上がったと振り返る。

「こんなふうにお互いを思いやっていたら素敵だし、きっと長く続く。寄り道や誤解があっても、結局は離れられないんじゃないかなっていうのを歌いました」(はっとり)

そして、結婚式で『キスをしよう』を披露すると、姉からは「よかったよ」と一言。このエピソードに、スタジオでは「最強の兄弟のツンデレ」と驚きの声があがった。

このほか、本間昭光は槇原敬之の『もう恋なんてしない』についてトーク。この大ヒット曲の作曲裏話とは?

また、さかいゆうが“今は亡き親友を想って書いた曲”をスタジオで生披露している。

※『関ジャム 完全燃SHOW』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW
毎週日曜 午後11:00~、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)