Snow Man『ブラザービート』の“ポップな振り付け”誕生秘話!振付師が証言「コミカルに振り切って」

公開: 更新: テレ朝POST

今さら人に聞けないような“音楽の基本”から、制作の裏側や専門テクニックなど“マニアックな知識”までを掘り下げていく関ジャム 完全燃SHOW

9月24日(日)の同番組に、大人気ダンスを手掛ける振付師・パワーパフボーイズ、yurinasia、s**t kingzの3組がスタジオに登場。話題曲の振り付けポイントを、実演を交えて解説した。

福岡に在住し、地元の公民館で夫とともにダンススクールを運営しているyurinasia。SNSにあげた定点のダンス動画が注目され、優里やVaundyなどさまざまなアーティストのMVに出演しているだけでなく、振付師としてのオファーも殺到している。

そんな彼女が振り付けを手掛けたのが、『ブラザービート』(Snow Man)だ。

映画『おそ松さん』の主題歌としても注目を集めた『ブラザービート』。『おそ松さん』でおなじみの“シェーポーズ”を取り入れるなど、ポップな振り付けで話題を呼んでいる。

この振り付けについて、Snow Manのリーダー・岩本照は「面白いし、可愛いって思いました」とコメント。

「『おそ松さん』の主題歌だったので、サビの部分にシェーポーズを入れてくれたり、見ている人を楽しませながら、かつ自分たちも踊っていて楽しいってなる振り付けをつけてくださいました」と絶賛する。

yurinasiaによると、『ブラザービート』の振り付けのポイントは「人間味が出るようなコミカルで振り切った動き」。

「(Snow Manは)ダンスができるグループというのはみんな知ってることなので、『この人のこういうところを見たい』というのを振り付けに詰めた」(yurinasia)

とくにラップ部分では「プリンを食べさせたり、ケンカさせたり、目黒(蓮)さんを寝転がらせてみたり…」と、キャラクターそれぞれの人間味を感じる振り付けにこだわったと話す。

一方、この振り付けが完成するまでに紆余曲折あったようで、当初は「ちゃんとダンスを詰めた振り付けを提案していた」とのこと。

しかし、事務所から「コミカルに振り切って」との要望があり、「そこでも一気に考えがパーンって変わった」とyurinasia。

その結果、作品の世界観あふれる現在の振り付けに辿り着いたといい、「生徒たちと爆笑しながら作った。岩本さんとかにも手伝ってもらいながら完成した」と振り返った。

このほか、SNSでバズった『Habit』(SEKAI NO OWARI)振り付けの裏側や、『ちゅ、多様性。』(ano)のダンスが完成するまでのプロセスも明らかに!

また、「プロならではの視点で選ぶスゴい振り付け」も紹介している。

※『関ジャム 完全燃SHOW』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW
毎週日曜 午後11:00~、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)