松村雄基、高校生のとき祖母が倒れ“ヤングケアラー”に。20年続いた介護生活

公開: 更新: テレ朝POST

9月20日(水)の徹子の部屋に、松村雄基が登場する。

高校在学中に俳優デビューした松村。

不良役やラグビー部員役などで大活躍し、11月に還暦を迎える。

現在、年に数本舞台に立つ松村の健康の秘訣は、20年以上同じメニューの朝ご飯?

出会いで趣味が広がったという松村。

30代で始めた書道では内閣総理大臣賞を受賞、先生の人柄に惚れ込んで茶道にも通っている。

そしてシャンソンとも出会い、すっかり魅了されたシャンソンの名曲を今回はアカペラで披露する。

実は松村は物心ついたときから、大正生まれの祖母と2人暮らしだった。

厳しく優しく育ててくれた祖母は68歳のときに脳梗塞で倒れた。

まだ高校生だった松村は近所に住む叔母とともに祖母の介護をすることに。

20年続いた介護生活は自宅で10年、施設で10年、そして88歳で祖母は穏やかな死を迎えた。

今、介護生活を送る「ヤングケアラー」と呼ばれる若者に、祖母の介護を通して松村が伝えたいこととは?

※番組情報:『徹子の部屋
2023年9月20日(水)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!