『仮面ライダーガッチャード』に豪華声優陣!福圓美里、檜山修之、小西克幸が参戦決定

公開: 更新: テレ朝POST

9月3日(日)にスタートが迫った“令和ライダー第5作”仮面ライダーガッチャード

8月9日(水)に配信された制作発表では、主人公の一ノ瀬宝太郎/仮面ライダーガッチャード役・本島純政をはじめ、松本麗世、藤林泰也安倍乙、富園力也、熊木陸斗らフレッシュなメンバーから、南野陽子、石丸幹二らベテランキャストまでズラリ解禁。

そんな『仮面ライダーガッチャード』に、新たに福圓美里、檜山修之、小西克幸ら豪華声優陣の参戦が決定した。

◆人工生命体ケミーをめぐるバトル開幕!

『仮面ライダーガッチャード』のモチーフは、“錬金術”と“カード”。

錬金術とは、異なる組み合わせによって“金”を生みだそうとする技術のこと。その神秘的な研究のひとつには、肉体や魂をも対象として“完全な存在”に錬成する試みも含まれていた。

そんな錬金術の粋を集めて造られたのが、完全なる人工生命体“ケミー”。その数、101体。

それらは“ライドケミーカード”というカードに保管されていた。

ところが、慎重に保管されていたはずの彼らがカードを飛び出して、一斉に開放されてしまう。

偶然、それを目撃した“夢を探し求める高校生”一ノ瀬宝太郎(本島純政)は、仮面ライダーガッチャードの変身ベルト“ガッチャードライバー”を託され、世に放たれたケミーを回収する使命を与えられる――というストーリーが展開していく。

◆福圓美里&檜山修之は人工生命体ケミーを熱演!

初回、宝太郎はバッタのケミーである“ホッパー1”と、SL(蒸気機関車)のケミーである“スチームライナー”を組み合わせて“仮面ライダーガッチャード スチームホッパー”に変身。

そのホッパー1の声を担当するのが、人気実力派声優・福圓美里だ。

ホッパー1は宝太郎が初めて出会ったケミーであり、常に宝太郎のそばにいる特別な存在。

そんなホッパー1を、『僕のヒーローアカデミア』トガヒミコ役、『スマイルプリキュア』星空みゆき/キュアハッピー役などで知られる福圓がキュートに演じる。

スーパー戦隊シリーズの『機界戦隊ゼンカイジャー』セッちゃん役でもおなじみだ。

そして、スチームライナーの声を務めるのが、『幽☆遊☆白書』飛影役や『名探偵コナン』京極真役など、変幻自在に活躍するベテラン・檜山修之。

スチームライナーもまた、宝太郎と気持ちを通じ合わせる、心やさしきケミー。

SLのケミーだけに、力強く勇ましい咆哮を上げるが特徴だ。

さらに、宝太郎が装着する変身ベルト“ガッチャードライバー”の音声を、『鬼滅の刃』宇髄天元役、『ブルーロック』蟻生十兵衛役など数々の作品で知られる小西克幸が担当する。

スーパー戦隊シリーズの『天装戦隊ゴセイジャー』では、頼れる追加戦士・ゴセイナイトを演じ、今回は変身ベルトの音声で作品を盛り上げる。

仮面ライダーの変身において、ベルトの音声は超重要。小西の「ガッチャーンコ!」というハジけたコールでガッチャードに変身を遂げるシーンはワクワク感MAX!

また、小西は劇中のナレーションも担当し、作品全体を盛り上げる。

◆声優陣から喜びのコメントが到着!

ホッパー1を演じる福圓は「1年間ガッチャードを楽しんでいただけるように頑張ります!」と意気込みを披露。

また、特撮作品で“敵”のキャラクターを演じることの多かった檜山は、「今回はライダー側です。燃えてます!スチーーーム!!」と役柄のセリフを発して喜びを表現している。

劇場版『仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』(2009年)にショッカー戦闘員役で出演して以来、仮面ライダーシリーズでは2度目の出演となる小西もまた、「2度目の仮面ライダーがなんと変身ベルトの音声!さらにはナレーションまで!!めちゃめちゃ嬉しいです!!」と感激のコメントを発表している。

※番組情報:『仮面ライダーガッチャード
2023年9月3日(日)スタート!【毎週日曜】午前9:00~9:30、テレビ朝日系24局