高嶺のなでしこ・松本ももな、スカート姿でハイキック披露!見事な蹴りにスタジオ拍手喝采

公開: 更新: テレ朝POST

テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」にて好評配信中の『アイドル神声バトル』。

キラキラと輝く2組のアイドルグループが、お互いのプライドをかけてガチンコ対決! 自分の歌声を披露し、どちらが神の声をもつアイドルなのか決着をつけるこの企画。

8月7日(月)の配信では、高嶺のなでしことPeel the Appleがカラオケ本気バトルを展開した。

2022年結成の9人組アイドルグループ・Peel the Apple。「一緒に踊りやすい」をテーマにした楽曲が人気を集めている。

対する、高嶺のなでしこは2022年にデビューした10人組アイドルグループ。松本ももな、橋本桃呼、籾山ひめりはラストアイドル出身としても話題だ。

じつはハイキックが得意だという松本。オープニングでは、スカート姿なのにもかかわらず、見事な一蹴を披露すると、スタジオは大きな拍手に包まれる。

そんな2組が挑戦するのは、「エスカレーターカラオケ5」。各グループの代表5人が1人1曲ずつ歌い、その都度採点。2人目以降は前に歌った人の得点を超え、5曲連続で得点を上げ続けられたらクリアとなる。

先攻の高嶺のなでしこは、トップバッターの星谷美来が、伝説のアイドル・キャンディーズの『年下の男の子』を熱唱! その得点は83点と、順調なスタートを切る。

後攻のPeel the Appleで先陣を切るのは、山崎玲奈。松浦亜弥の大ヒット曲『桃色片想い』をかわいらしさ全開で歌い上げ、「途中から楽しくなっちゃって、ライブしている気分だった」と満面の笑顔。

そして、気になる得点は84点。山崎のファインプレーに、メンバーは「めっちゃいい!」と称えていた。

好発進を見せた両チーム。続くメンバーも持ち前の歌唱力を発揮していくが、はたしてクリアできるのか?