STU48対FRUITS ZIPPER、白熱の歌合戦!櫻井優衣のキュートさにスタジオ大盛り上がり

公開: 更新: テレ朝POST

テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」にて好評配信中の『アイドル神声バトル』。

キラキラと輝く2組のアイドルグループが、お互いのプライドをかけてガチンコ対決! 自分の歌声を披露し、どちらが神の声をもつアイドルなのか決着をつけるこの企画。

7月31日(月)の配信では、STU48FRUITS ZIPPERが白熱バトルを繰り広げた。

2017年に誕生し、瀬戸内7県を拠点とするSTU48。今年6周年を迎え、さらなる飛躍が期待されている。

対するFRUITS ZIPPERは、2022年に発足した7人組アイドルグループ。「原宿から世界へ」をコンセプトに「NEW KAWAII」を発信している。

そんな2組が挑戦するのは、「三連単カラオケ」。各グループの代表3人が1人1曲ずつ歌い、その都度採点。3人が歌い終わったところで得点を順位順に予想し、的中すればクリアというルールだ。

なお、両チームの予想がすべて当たった場合、またははずれた場合は3人の総合得点が高い方が勝利となる。

歌唱力はもちろん、メンバーの誰が歌うのか、そして何を歌うのかといったマネジメント力も問われるこの対決。

先攻のSTU48は石田千穂が持ち歌の『息をする心』(STU48)、今村美月が21世紀のアイドル曲として『初恋サイダー』(Buono!)を歌う。

さらに、池田裕楽は新しい学校のリーダーズの『オトナブルー』を選曲。

じつは同曲を歌うのははじめてだという池田は、大人の魅力たっぷりに歌い上げ、「自分の曲みたいな感じで思って歌いました!」と自信をのぞかせる。

一方、後攻のFRUITS ZIPPERは、月足天音がSTU48の『暗闇』を本人たちの前で熱唱! 仲川瑠夏は、BiSHの代表曲『BiSH-星が瞬く夜に-』をノリノリで披露する。

そして、大トリを飾った櫻井優衣が選んだのは、松浦亜弥の大ヒット曲『桃色片想い』。

ハロー!プロジェクトの大ファンだという櫻井は、ソロ歌唱に緊張した様子を見せながらも、楽曲の世界観にあったキュートなパフォーマンスでスタジオを盛り上げる。

歌唱後、「楽しかったです!」と満面の笑顔で振り返った櫻井。メンバーの松本かれんも「めっちゃかわいかった!」と絶賛していた。

最高の歌声で勝負に挑んだ2チーム。はたして、神の声をもつアイドルに選ばれたのは?