映画『こんにちは、母さん』、心温まる場面写真が一挙解禁!母・吉永小百合×息子・大泉洋

公開: 更新: テレ朝POST

9月1日(金)より全国公開される山田洋次監督最新作の映画『こんにちは、母さん』

山田監督にとって90本目となる記念すべき本作の主演は、共に映画界を牽引し続けてきた吉永小百合。共演には、NHK大河ドラマでの好演が記憶に新しい大泉洋のほか、『キネマの神様』に続き2度目の山田組参加となる永野芽郁をはじめ、寺尾聰、宮藤官九郎、田中泯、YOU、枝元萌ら豪華俳優陣が集結。

『母べえ』、『母と暮せば』に続く『母』3部作として、吉永小百合の集大成ともいえる作品が誕生した。

本作で描かれるのは、東京の下町で令和を生きる“等身大の家族”の姿。

大企業の人事部長として神経をすり減らす毎日を送る神崎昭夫(大泉洋)。妻との離婚問題や家出した娘・舞(永野芽郁)との関係にも頭を悩ませるなか、久しぶりに母・福江(吉永小百合)が暮らす東京下町の実家を訪ねると、そこには艶やかなファッションに身を包みイキイキと暮らす母の姿が。

おまけに母の恋愛事情まで耳にし、久々の実家にも居場所がなく戸惑う昭夫だったが、お節介が過ぎるほどに温かい下町の住民や、これまでとは違う“母”と新たに出会い、次第に見失っていたことに気づかされていく。

山田監督の真骨頂である“家族”、“地域”、“時代”を個性豊かな俳優陣が克明に捉えた映画『こんにちは、母さん』。

監督が約20年構想を温め続け、主演の吉永も「今までにない監督の気合いを感じた」と証言するほど並々ならぬ想いが込められた本作の場面写真が一挙公開された。

公開されたのは、食卓を囲む神崎家の姿をはじめ、昭夫の同僚・木部(宮藤官九郎)や下町の住民たちがただならぬ剣幕で昭夫を見つめる様子を切り取ったものなど。

 

可憐な着物に身を包む福江と牧師・荻生(寺尾聰)が隅田川を散歩する“デートシーン”を捉えたものや、荻生に優しく微笑む福江の姿もあり、“恋する母”の表情が印象的な一方、そんな幸せいっぱいの母とは対照的に、散らかった部屋でひとりカップ麺をすする昭夫の切ない生活ぶりが感じられるカットも。

歳を重ねても気高くイキイキと暮らす福江の姿に、やがて自らを見つめ直し、再出発していく昭夫の姿が描かれる本作。

そんな親子の姿はもちろん、人情味あふれる下町の住民たちとの触れ合い、そしてどこか懐かしい風景の数々は、観る人を元気にし、明るく前向きな気持ちを与えてくれるはずだ。