西畑大吾、“バディ”松村北斗への愛が炸裂!胸ポケットに“ミニ北斗くん”で会見登壇

公開: 更新: テレ朝POST

松村北斗SixTONES)×西畑大吾なにわ男子)――ドラマ初共演となる2人が、“相棒にしてライバルの最強ダブル探偵”に扮しW主演を務める本格ミステリードラマノッキンオン・ロックドドア

松村演じる「トリック=不可能(HOW)専門探偵」御殿場倒理と、西畑演じる「動機や理由=不可解(WHY)専門」片無氷雨が、微笑ましくもヒリヒリする人間ドラマを紡ぎながら、数々の難事件に挑んでいく。

初回スタートを5日後に控えた7月24日(月)、開催中の大型イベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ SUMMER STATION」の会場のひとつ「六本木ヒルズアリーナ」で同ドラマの制作発表記者会見が開催。

西畑大吾、石橋静河、畑芽育、堤幸彦監督が会場中央のレッドカーペットの上を歩いて登場すると、約500人の観客から割れんばかりに歓声があがった。

◆西畑大吾、相棒・松村北斗のアクリルスタンドを胸に登壇

今回、松村はインフルエンザのため残念ながら欠席。ただし、会見では冒頭から西畑の“バディ愛”が炸裂する。

ステージ上で松村の欠席が告知されると、涙を拭うポーズ。さらに、スーツの胸ポケットからは松村のアクリルスタンドが顔をのぞかせていた。

「北斗くんの思いは絶対この会場にも来ていると思いますし、僕の胸にも北斗くんがいます。『南くんの恋人』のように『氷雨くんの相棒』としてここにいますので、皆さんも北斗くんの分まで楽しんでいただけたらと思います」と呼びかける西畑に観客も胸を打たれたようで、終始大盛り上がり。

「松村北斗の代役の堤でございます」とボケる堤監督には西畑が即ツッコミを入れるなど、登壇メンバーたちの仲の良さとサービス精神があふれ出す軽妙なやりとりに会場は沸いていた。

◆堤幸彦監督、松村&西畑を絶賛!

本作『ノッキンオン・ロックドドア』で堤監督と念願の初タッグが実現した松村&西畑。

会見では、「堤監督は結構ムチャブリが多くて! シーンの終盤にワンボケを入れたがるんです。『あー、ムチャブリされてる!』という感覚になって、本当にうれしいし、とても楽しく撮影に臨めています」と西畑が嬉々とした表情で現場の様子を報告したが、実はこのムチャブリ、堤監督の並々ならぬ信頼の証だったことが判明。

「撮影が始まる前に『とりあえず、セリフは全部覚えてきてね』と、半分脅しみたいなことを言った」という監督だが、松村&西畑は期待通り、自らの長ゼリフはもちろん、ほかの人のセリフもバッチリ覚えてきたそうで…。

「2人はとりわけ真面目で素晴らしい俳優さん。この前提条件があるから、こちらはいくらでもボケられるんです。今後、どんどんボケていきたいですね」と堤監督はニヤリ。

監督の真意を初めて知った西畑は「その上でのムチャブリだったんですね! ありがたいです」と喜びを倍増させていた。

※番組情報:『ノッキンオン・ロックドドア
2023年7月29日(土)スタート!【毎週土曜】よる11:00~11:30、テレビ朝日系24局
※初回は拡大スペシャル(よる11:00~深夜0:00)