櫻坂46が大失態の連続!“知ってて当たり前”のクイズがありえない大惨事に

公開: 更新: テレ朝POST

テレビ朝日平日深夜の新感覚エンタメゾーン「バラバラ大作戦」の1番組として、2023年4月に誕生した櫻坂46×芸人の実験的バラエティサクラミーツ

同番組の動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」オリジナル企画の第2弾が、7月13日(木)の地上波放送直後から配信スタートした。

番組では櫻坂46の井上梨名&大沼晶保&武元唯衣&増本綺良が、毎回さまざまな人気芸人とコラボし、コントやゲームなどに挑戦している。

今回はレギュラー陣に加え山﨑天も参加し、ロッチ(中岡創一、コカドケンタロウ)の持ち込み楽屋ゲーム「知ってて当たり前ロッチクイズ」に挑むことに。

しかし、櫻坂メンバーもロッチも、ありえない大惨事にざわつきの連続? “知ってて当たり前”なはずのクイズはのっけから、当たり前展開とは無縁の緊急事態へ突入してしまう。

◆開始前から言い訳祭り&第1問から大失態の連続!

「知ってて当たり前ロッチクイズ」は、コカドいわく「常識的なロッチのクイズ」に櫻坂メンバーがフリップで解答するゲーム。

櫻坂46とロッチはラジオ番組『さくらひなたロッチの伸びしろラジオ』でも共演中ということで、ロッチのことは当然一通り知っているはず…。

しかし、なぜかクイズが始まる前から、櫻坂メンバーはざわざわ。

井上がしどろもどろで「私、ラジオに1年くらい出てなくて…」と言い訳すれば、ラジオで毎週のようにロッチと会っている大沼でさえも「私、バカなんです。わかってるけど、答えられない問題もあるかもしれない」と、自虐エクスキューズでけん制!

武元にいたっては「もしもの結果が出ても、『ラジオ辞める』なんて言わないでください」と、クイズ惨敗前提で懇願しはじめてしまう。

不安要素てんこ盛りのなか、ついに始まった「ロッチクイズ」。

1問目で出題されたのは「ロッチのフルネーム」という、まさに“知ってて当たり前”の問題。これなら楽勝だと思われたのだが…櫻坂メンバーが早くも想定外の解答を連発!?

まったく進む気配がない山﨑のペン…。一番ロッチと接点の多い大沼にいたっては、コカドに「大沼さん、やばいよ」と一刀両断される大失態を晒し、中岡からも「マイナス1ポイント」とまさかのマイナススタートに!

さらにその後も、ロッチの失笑が止まらないトンデモ解答が続出する。

ロッチ愛を試された櫻坂メンバーが次々とオモシロ解答を連続。ロッチもコントロールできない展開で、もはや大喜利に!?

そんななか、ロッチ考案の罰ゲームを受けることになる、正解数が一番少ない“ロッチ愛が足りていないメンバー”とは一体? そして、中岡が堪らず「これ、俺への罰ゲームになってない?」と漏らしてしまった、罰ゲームの内容とは…。

※配信情報:『サクラミーツ TELASAオリジナル
2023年7月13日(木)『サクラミーツ』地上波放送直後から、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で独占配信中!
(※地上波レギュラー放送は毎週木曜深夜1:56~2:13)