山本耕史、結婚するまで考えてなかった“子煩悩な父”。今や2児の父…弁当作りにも奮闘中

テレ朝POST

7月13日(木)の徹子の部屋に、山本耕史が登場する。

0歳から仕事をはじめて芸歴46年となる山本。

38歳で結婚し、今や小学生と幼稚園児の2児の父。

上の子は字の読み書きをするようになった。書き方ドリルの珍回答に苦笑しながらも子どもの柔軟性を感じているという。

時間があるときは家族の食事作りも担当。

幼稚園はたびたびお弁当があり、当初はいろいろなものを詰めてみたが残されてしまうことも多かった。

何度か作るうちに、目新しいものより食べ慣れたもののほうが安心するのだと気が付き、今は定番メニューに少し色のあるものを追加するようにしているそう。

子どものリクエストでチャーハンや餃子をよく作るが、最近は子どもも調理に興味をもち、妻の手を借りながらチャーハンを作ってご馳走してくれるように。

結婚するまで自分が「子煩悩な父」になるとは考えていなかった。

しかし、自身の父も仕事が終わるとすぐに帰宅し、休日にはよく遊びに連れていってくれたことを思い出し、子煩悩なところは間違いなく父の影響だと思っているのだとか。

※番組情報:『徹子の部屋
2023年7月13日(木)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

PICK UP