AK-69、無謀と言われた武道館ライブで大成功!感動から一転…その結果「総額1億円以上の大赤字」

公開: 更新: テレ朝POST

7月7日(金)のしくじり先生 俺みたいになるな!!に、HIP HOPアーティストのAK-69が登壇。

後編の今回は、下積み時代の苦労やインディーズ時代の成功と葛藤を振り返りながら、メジャー契約にまつわる秘話、父親、親友との別れを乗り越え学んだ教訓などを語った。

20歳の頃、中古車販売店で働きながらアーティスト活動をはじめ、地元の友人たちから称賛の嵐を受けたことで音楽にのめり込んでいったAK-69。

当時HIP HOPシーンの中心だった東京に対して「敵対心がスゴかった」と嫉妬心を抱いていたと打ち明ける。

そんななか、活動開始から8年目の2004年にインディーズデビューを果たしたAK-69は「インディーズからデビューして、“メジャーで契約してるラッパーたちを倒す”というのが自分の生きがいになった」と当時の心境を語った。

その後、2007年に発表した3枚目のシングル『Ding Ding Dong ~心の鐘~』がヒットしたことからAK-69の快進撃が始まり、2014年には自身初となる日本武道館でのワンマンライブを含むアリーナツアーを開催するなどと大躍進。

このときメジャー契約のオファーが相次いだと言い、なかでも「洗脳術を勉強している社長が何回も出張ってきた」「『大金積むなら考えてやってもいい』みたいな感じで席に着くけど、話を聞いてるうちに…」とAK-69が明かした衝撃のオファーにスタジオは「すごい話だな」「強敵」と驚きの声を上げた。

そして、AK-69は2015年に当時所属していたインディーズレーベルから独立し、自身が代表を務める芸能事務所・Flying B Entertainmentを設立。

独立後、アメリカのHIP HOPレーベル・Def Jam Recordingsからメジャー契約のオファーが舞い込み、それまでインディーズシーンにこだわっていたAK-69だったが、「今は亡き地元の盟友TOKONA-Xの遺志を継ぐ」という思いから、メジャーデビューを決意。

若くしてこの世を去ったレジェンドラッパー・TOKONA-Xさんとの熱いエピソードや彼への思いを語った。

メジャーデビュー以降も精力的な活動を続け、徐々に事務所も軌道に乗ってきたという頃、2016年に父親が他界。

「亡くなり際にものすごい強さを教えてくれた」と、父親の姿から学んだ“強さ”について語り、「親父との別れを経験して、有言実行でかましていくスタイルを突き進んだ」というAK-69は、2017年に独立後初の日本武道館ワンマンライブを実現した。

「(人気が)下火みたいな空気が周りにも伝わりはじめていた。『もうAK-69は終わるんじゃないか』みたいなことを影で囁かれながら、無謀と言われた武道館ライブを大成功させることができた」と振り返り、その後も数万人規模の会場で数々のド派手なライブを敢行したと続ける。

しかしAK-69はその後、ド派手ライブを敢行した結果「総額1億円以上の大赤字」というまさかのしくじりを告白し、スタジオからは「予想した結果と全然違う!」「大逆転を見たかった」とツッコミが殺到していた。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
ABEMA
毎月第1〜3金曜 よる9:30配信開始、ABEMA SPECIALチャンネル
第4金曜 地上波放送終了後〜
【地上波】
毎月第4週金曜 深夜0:50~1:20、テレビ朝日系(※一部地域を除く)
※2023年7月28日(金)は深夜1:10~1:40放送