シシド・カフカ、『徹子の部屋』初登場!“歌うドラマー”デビューまでを支えた両親へ感謝

公開: 更新: テレ朝POST

7月7日(金)の徹子の部屋に、シシド・カフカが初登場する。

歌いながらドラムを叩くスタイルで歌手デビューし、現在は女優業もこなすシシド。

メキシコ出身で、小学生の頃にテレビで見たバンドに魅了されてドラマーの職業に憧れていた。

中学1年でアルゼンチンに一家で移住し、言語がわからず引きこもりがちだったという。

そんなときに両親に電子ドラムを買ってもらって熱中。

その後、“歌うドラマー”としてデビューするまでの下積み期間を支えてくれた両親へ感謝の思いを語る。

現在は、アルゼンチンで生まれたハンドサインを用いた即興演奏をするイベント「el tempo(エル・テンポ)」を主宰して、新しい音楽の形で表現を。

もともと飽き性なこともあり、いろいろなことに挑戦したい気持ちがあると明かす。

活躍の幅を広げるシシドに今後の目標についても聞く。

※番組情報:『徹子の部屋
2023年7月7日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!