SixTONES・田中樹、『刑事7人』にサプライズ登場!東山紀之の「期待に応えたい」

公開: 更新: テレ朝POST

東山紀之主演のドラマ刑事7人Season9。

7月5日(水)に放送された第5話のラストで、田中樹SixTONES)がサプライズ登場を果たした。

第5話のエンドクレジットが流れるなか、突如映し出されたのは、辺りを見渡しながら街を歩く謎の若い男の姿。

誰かに電話をかけ一言「着きました」と告げるのだが、彼こそが次週第6話、そして第7話のキーパーソン・井手孝也だ。

エンディングでのサプライズ登場となったが、この井手役を田中が演じることが正式に解禁。田中を迎え、一体どのような事件が展開するのか?

◆田中がチームに新風を吹き込む!

今回のストーリーの軸となるのが、10年前の東関東連続強殺事件。

事件の生存者である盲目の女性・望月和沙(山崎紘菜)、和沙の夫で、殺人容疑で逮捕された浜崎修斗(堀井新太)を中心に物語は進行してきた。

そこにナゾの大手企業社長・利根川宗一(渡辺大)の存在や、天樹悠(東山紀之)と同期の鑑識のエースで、真実を知る可能性がありながらも自死を遂げた岡崎周平(藤本隆宏)が加わり、事件の真相はさらに混沌を極めていく。

そして、10年前の事件の関係者が次々と取り上げられる暴露チャンネル“ポリス浄化ぁ”の存在。

片桐正敏(吉田鋼太郎)の怪しい動きの理由が第5話の終盤ではっきりと分かった今、はたして、刑事の辞職を懸ける天樹は、自身の信じる“正義”を貫き通すことができるのだろうか?

そんな複雑に入り組んだストーリーのカギを握ることになる新たな登場人物・井手孝也に扮するのがSixTONESの田中樹だ。

天樹とは、ある事件の裁判が行われている裁判所の傍聴席で出会うことになるが、天樹は孝也のことを、どこか“危うさ”をもっている男と気になり…。

そして、天樹の予感は的中。なんと、孝也は衝撃の顛末を迎えることに。

井手孝也を演じる田中は、SixTONESのメンバーとして2020年にCDデビューをはたし、歌にダンス、切れ味鋭いラップで存在感を発揮している。

映画『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』(2016年)、『ブラック校則』(2019年)といった作品で俳優としても活躍してきたが、本格的な連続刑事ドラマへの出演は今回が初めてとなる。

田中は「刑事ドラマへの出演も初めてで、しかも、東山さんもいらっしゃいますし…緊張にも似た感情になったことを覚えています」と、オファーを受けた際の心境を回想する。

また、演じる孝也については「すごく難しかった」と吐露。

しかし「寂しく、1日、1日に満足していない人物なんだということが、感情が入ってくればくるほど、わかってきました。明確に孝也像を捉えられたので、それに向かって役作りや工夫をしてきました」と、万全の態勢で臨めたことを明かす。

さらに、撮影現場は「東山さんがイジってきてくださって、監督さんやカメラマンさんともお話しして、作品の内容とは打って変わって、すごく楽しかったです」と、リラックスして演技に入りやすい雰囲気だったそう。

東山からは「『頼むね』と言っていただいた」そうで、「期待に応えたいという思いで挑みました」と、絶好の環境のなかで、孝也という役に取り組めた様子だ。

「東山さんが引っ張って作ってこられた『刑事7人』に、田中樹が入って、いかに違った空気感を与えられるのかを考えていました。僕自身、約1年ぶりの映像でのお芝居になります。気合十分でやらせていただきますのでお楽しみにしていてください!」とアピールする田中。

いったい、田中は『刑事7人』にどのような新風を吹き込むのだろうか?

※番組情報:『刑事7人』シーズン9 第6話
2023年7月12日(水)よる9:00~9:54、テレビ朝日系24局

※『刑事7人』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!