ドリカム吉田美和が語る、『LOVE LOVE LOVE』誕生秘話。わずか3分で制作「すらーっと出来上がりました」

公開: 更新: テレ朝POST

今さら人に聞けないような“音楽の基本”から、制作の裏側や専門テクニックなど“マニアックな知識”までを掘り下げていく関ジャム 完全燃SHOW

6月25日(日)の同番組では、DREAMS COME TRUEの特集が放送された。

◆『LOVE LOVE LOVE』は「3分でできた曲」

来年デビュー35周年を迎えるDREAMS COME TRUE。

スタジオにはドリカムの中村正人に加え、25周年記念カバーアルバム『私とドリカム』にも参加した大塚愛、シングル『羽を持つ恋人』(2022)でレコーディングに参加した音楽家・江﨑文武が登場。

さまざまな角度からボーカル・吉田美和のスゴさに迫った。

さらに、吉田への超貴重な特別インタビューが実現! 名曲『LOVE LOVE LOVE』の誕生秘話が明かされた。

ドリカムではすべての作詞は吉田が手掛け、作曲は吉田と中村の両方が行っているが、いったいどのように曲を作り上げているのか?

吉田は作曲時、楽器は「ほぼほぼ使わない」といい、「メロディーがフワっとくるときは言葉が一緒。1回フワっときたらだいたい忘れないので、なんとなく録っておいたり、書いたりしています」と話す。

詞と曲が同時に浮かんでくるという吉田。ときには1曲丸ごと思いつくこともあるそうで、「3分でできた曲がある」と明かす。

その曲とは、1995年に発売された名曲『LOVE LOVE LOVE』。

『LOVE LOVE LOVE』の原曲は、デビュー前の中村が当時の彼女のために作詞・作曲した『ホワイトデー』。

もともと『ホワイトデー』が頭の中にあったという吉田は、「スタジオの隣の駐車場で『来た来た来た!』ってすらーっと出来上がりました」と制作当時を振り返る。

そんな『LOVE LOVE LOVE』だが、以前の放送で中村は「ルルルルル」という一節に「(原曲では)すごくイイ詩をのせていた」と語っていた。

一方の吉田は「あそこは絶対『ルルルルル』以外はありえない。理由はそれだけです」と主張。「明確な理由は説明できないけど、『ルルルルル』しかないということで(この問題は)終わらせてほしい」と打ち明けた。

このほか、ドリカム2人の関係性や、吉田が気になっている歌手とは? さらに、ドリカムの“未来”についても語っている。

※『関ジャム 完全燃SHOW』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW
毎週日曜 午後11:00~、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)