石橋貴明、松井秀喜と特別対談!WBCの「決勝見れなかった」思わぬ理由に「大騒ぎになりますよ!」

公開: 更新: テレ朝POST

6月22日(木)、ABEMAオリジナルバラエティ番組石橋貴明 お礼参り THE WORLD 4週ぶち抜きSP』(ABEMA SPECIAL)の#1が放送された。

同番組は、石橋貴明と豪華ゲストのさまざまな「感謝」にまつわるエピソードを、お礼参りと題してお届けする全4回のバラエティ番組。

初回放送では、石橋が野球への愛と感謝を伝えるために渡米し、野球発祥の地・アメリカで行ったお礼参りの模様をお届けした。

©AbemaTV,Inc.

番組では、石橋と読売ジャイアンツとニューヨーク・ヤンキースで4番打者を務めた野球界のレジェンド・松井秀喜氏との特別対談が実現。

4年ぶりの再会となった2人は積もる話で盛り上がると、日本代表が優勝を遂げたWBCの話題へ。松井氏は“侍ジャパン”のレベルに脱帽する一方で、「準決勝の中継は見たけど、それ以外の試合は用事があって生中継では見られなくて…」「決勝見れなかったんです」と突然の衝撃告白をする。

その思わぬ理由に石橋は立ち上がり、「“松井秀喜はWBCをリアルタイムで見ていなかった”なんて知られたら、大騒ぎになりますよ!」とツッコミを入れた。

また、WBCでも“二刀流”で活躍した大谷翔平選手については、松井氏も「我々の“野球の常識”の枠にとらわれない選手。違う惑星から来たんじゃないかな(笑)」と絶賛。

石橋も「本当に別の惑星から来たのかもしれない」と松井氏の言葉に頷いた上で、「松井さんが『メジャー1年目は、これまで感じたことのない疲れがあった』と言っていたことを思い出して、大谷選手がメジャー1年目のときに調子を尋ねてみた」と大谷選手との交流を告白する。

そこで大谷選手が発した衝撃回答に、松井氏とともに思わず苦笑いする一幕も。

そのほかにも、日本球界最後のホームランの思い出話やメジャー生活の裏話など、石橋だからこそ引き出せる濃密な野球談議に花を咲かせたほか、読売ジャイアンツの4番を担う後輩・岡本和真選手、日本の大砲・東京ヤクルトスワローズの村上宗隆選手ら日本球界を背負う選手たちの話題でも大いに盛り上がった。

対談の最後には、石橋が「僕の一番の理想は、デレク・ジーター監督に松井秀喜ヘッドコーチが見たい。“ピンストライプ”のユニフォームを着てほしい」と斬り込み。

松井氏は「ユニフォームを着たほうがいいですかね?」とタジタジになりながらも、「子どもたちに野球を教える活動を継続したい」「WBCに出場してくれたら嬉しいと思っている」など日本にとどまらない今後の展望を語っていた。

※番組情報:『石橋貴明 お礼参り THE WORLD 4週ぶち抜きSP』
番組の模様は、「ABEMA」にて配信後1週間無料で視聴可能