浅田舞、実はスケートを辞めたかった高校時代。親子関係にもミゾ…その最中に母が急死

公開: 更新: テレ朝POST

6月27日(火)の徹子の部屋に、浅田舞が登場する。

フィギュアスケートを引退し現在はキャスター、タレントして活躍する浅田。

初めて『徹子の部屋』に出演したのは高校生の頃。

当時は妹の浅田真央とグランプリシリーズにも出場するトップスケーターとして日本中から注目されていた。

番組でも笑顔で学業との両立の大変さなど語っていたが、実際はスケートを辞めたくて仕方がない時期だったそう。

家族とも口を利かず親子関係にミゾができていたが、その最中に母が急死。

父や妹とあらためて話すうちに、互いの気持ちを知り和解ができたという。

現在はとても仲が良く、真央の手料理や、大好きなカニのお取り寄せをして食べるのが楽しみだとか。

社交ダンスを踊る両親に憧れてダンスが好きになったという舞。

昨年秋に出会った「アルゼンチンタンゴ」にはまり、急遽アルゼンチンへ短期留学を。

突然地球の裏側に行くと言い出した舞を、真央は心配しながらも「舞らしい」と送りだしてくれたと明かす。

※番組情報:『徹子の部屋
2023年6月27日(火)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!