神津善行、料理をしなくなった妻・中村メイコのために腕を上げ…今では保存食まで作るように

公開: 更新: テレ朝POST

6月19日(月)の徹子の部屋に、作曲家の神津善行と息子で画家の神津善之介親子が登場する。

現在スペイン在住の善之介が画家を目指しスペインへ渡ったのは19歳のとき。父との約束は3年だったが、そこから31年になる。

善之介は2人で暮らす両親が心配で、最近は頻繁に帰国しては実家に居候している。

妻・中村メイコのために料理をしているという善行は徐々に料理の腕を上げ、最近はベテラン主婦並みに保存食まで作っているそう。

今ではまったく料理をしなくなった母のメイコも、善之介が子どもの頃は朝食やお弁当をどんなに二日酔いでも作っていた。

しかし、ちょっと規格外でビックリするようなお弁当が多かったと嘆く。

音楽家の父を尊敬する善之介は、最近父の手書きの「楽譜」に絵を描いた共作を発表した。

引っ越しのときに廃棄される運命だった楽譜。父が命を削り書いた楽譜に絵が重なり、見事にアートとして蘇った。

そんな息子に対抗するかのように、今回は大変珍しい父・善行の絵も紹介する。

※番組情報:『徹子の部屋
2023年6月19日(月)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!