ドラマ『警部補ダイマジン』に錚々たる名優が集結!松平健、片岡鶴太郎、宅麻伸

公開: 更新: テレ朝POST

2023年7月にスタートする、「主演・生田斗真×監督・三池崇史」という強力タッグで贈るドラマ警部補ダイマジン

このたび、同ドラマに松平健、片岡鶴太郎、宅麻伸の参戦が決定。言わずもがなの名優たちが、物語に重厚感と深みを与える。

警部補ダイマジン』は、ヒット作『クロコーチ』を生み出したリチャード・ウー(原作)&コウノコウジ(作画)コンビの最新作であり、ピカレスク・サスペンスとして話題の大人気同名漫画のドラマ化。

正義感の強い警視庁捜査一課のエース警部補“ダイマジン”こと台場陣(生田)が、“ある弱み”を握られたことで未解決事件を専門に扱う特命捜査対策班に異動。

自分を“召使い”のようにこき使う特命捜査対策班の室長で警視正の平安才門(向井理)や、自分を殺人犯と疑って急接近してくる刑事・七夕夕夏(土屋太鳳)らとともに、法で裁けない犯人に剛腕を振りかざし“悪を持って悪を制す”――そんな、ダークヒーローが巨悪に挑む物語だ。

◆豪華キャスト解禁!松平健、片岡鶴太郎、宅麻伸

常に平安を気に掛けている科学捜査研究所の警視・雲田泰造を演じるのは松平健

『マツケンサンバ』で日本中に元気を届けるなど、その計り知れない影響力で幅広く活躍し続けている松平が、本作では国や警察組織の暗部に斬り込んでいく平安&台場の“最凶コンビ”を影で支える雲田に息を吹き込む。

また、元内閣特務室のトップで、引退後も絶大な権力をもつ穴水政玄を演じるのは片岡鶴太郎。週末に必ず総理大臣と面談をするため「土日の老人」と呼ばれる影の権力者を怪しく演じる。

はたして穴水は、敵か味方か。要注意人物になること必至だ。

そして、真っ先に台場に処刑されてしまうキーマン・天羽大を演じるのは宅麻伸

元警視監という警察組織の重鎮だが、天羽を法で裁けないことに憤った台場陣に、自殺に見せかけて処刑されてしまうという役どころに挑む。

※番組情報:2023年7月期 金曜ナイトドラマ『警部補ダイマジン
2023年7月スタート!【毎週金曜】夜11:15~、テレビ朝日系24局(※一部地域で放送時間が異なります)