サンド、博士ちゃん200人突破に感激!番組開始から4年…芦田愛菜「私も大学生になりました」

公開: 更新: テレ朝POST

本日5月27日(土)のサンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃんは、「博士ちゃん200人突破記念!宇宙飛行士・野口聡一さんに博士ちゃん一挙見せスペシャル」を放送。

ゲストに野口さん、清野菜名を迎えて“集める”、“作る”、“なりきる”という3つのことをそれぞれ極めた博士ちゃんの日常をイッキ見していく。

まずは、「好きすぎて集めちゃった博士ちゃん」たちを一挙紹介。

ねぷた絵が大好きな“ねぷた博士ちゃん”は、さらにパワーアップしたコレクションを発表。

Apple社製品をこよなく愛する“Apple博士ちゃん”は番組出演から3年が経過した今、“〇〇博士ちゃん”へと変化を遂げていた?

さらに、からくり時計を300個も集めた“からくり時計博士ちゃん”など、これまで登場した博士ちゃんだけでなく、今回は昭和の換気扇を集める“換気扇博士ちゃん”、昭和初期の音楽にハマってレコードを400枚以上集めた“昭和初期流行歌博士ちゃん”が初登場。

ニッチな領域を突き進む子どもたちの熱量に、スタジオは早くも圧倒される。

◆博士ちゃんが開発した宇宙食を野口さんがジャッジ!

続いて、「好きすぎて作っちゃった博士ちゃん」と題したブロックでは、フェリーが好きで100隻近くの模型を作った“フェリー博士ちゃん”の現在を調査。

セロハンテープで立体作品を制作する“セロハンテープ工作博士ちゃん”や、照明機材を大人顔負けに使いこなす“照明博士ちゃん”は、驚きの進化を遂げていることが判明。

架空のイオンモールを構想する“イオンモール博士ちゃん”も初登場する。

さらに、宇宙食の開発に日々取り組み、業界でも注目されている“宇宙食博士ちゃん”も登場。

今回は、彼女が開発した宇宙食ゼリーを、野口さんが本気でジャッジ。忖度なしで真剣評価するが、はたして試食した野口さんはどんな評価を?

また、「好きなものを調べ尽くし自宅でなりきっちゃった博士ちゃん」のブロックでは、“三国志博士ちゃん”、“劇団四季博士ちゃん”、“仏像博士ちゃん”、“ベビーカー博士ちゃん”、“生物の進化博士ちゃん”たちが好きなものになりきる様子を続々公開していく。

◆「学ランを着て出たかった」野口さん、MC入りをリクエスト!

実は、この番組の大ファンだったという野口さん。

「いつか学ランを着て出たかった」とMC入りを熱烈リクエストするほか、博士ちゃんから寄せられた宇宙に関する質問にも丁寧にこたえる。

一方、清野は昭和の換気扇というマニアックな分野に興味を抱いた換気扇博士ちゃんに「なんかわかるって思っちゃいます…帰ったら調べてみようかな!」とまさかの共鳴。

清野は「“好き”って本当にスゴイなと思いました。素晴らしい!」と、子どもたちの探究心に大いに感動する。

そんな清野をはじめ、野口さんも芦田やサンドウィッチマンもスタジオの全員が子ども時代、“共通のもの”にハマっていたことが発覚。

いったいみんなが夢中になっていたものとは?

◆200人突破&番組4年間の歩みを振り返って、MC3人が感激のコメント!

番組収録後、“200人突破”を記念してサンドウィッチマンと芦田からコメントが到着した。

“200人”という数に、伊達みきおは「スゴイよね!毎回、僕らの想像を超えた博士ちゃんが出てくるもんね」としみじみ。

富澤たけしも「200人はスゴイ数ですよ!」と賛同しつつ、「この4年間、ボクらは愛菜ちゃんが成長する姿も見てきました。おじさんの4年間は何も変わらないのに…(笑)」と芦田の成長ぶりにも触れて感慨深げな表情に。

2人はまた、「長く番組を続ければ“博士ちゃん”から、“博士さん”になる子どもたちも出てくるでしょう!」(伊達)、「番組を長く続けないと彼らがどうなっていくか追うことができません!」(富澤)と、子どもたちの未来に思いを馳せ、番組の展望も語っていた。

そして芦田は、「博士ちゃんはみんな、追求する力が素晴らしい。好きなことにとことんのめり込める熱量をもっています」と博士ちゃんたちのパワーを絶賛。

「彼らを見ていると、『私も頑張ろう!』と刺激をもらいます」と感謝するととともに、サンド同様、「『博士ちゃん』は、これからもあと10年は続けさせていただきたいです。いや、もっとかもしれません!よろしくお願いします!」と、さらなる博士ちゃんたちとの出会いを熱望していた。

◆サンドウィッチマン コメント(全文)

【伊達みきお】

2019年2月に特番が誕生して、2019年10月からレギュラー放送が始まったので、ほぼ4年。

博士ちゃんが200人を突破しましたー! スゴイよね! 毎回、僕らの想像を超えた博士ちゃんが出てくるもんね。

10代にとっての4年間は大きいから、この4年で愛菜ちゃんも大きく変わったよね。僕ら、ちょっとだけ“育ての親”みたいな気持ちになっています(笑)。

博士ちゃん自身もスゴイけど、親御さんの理解というか、子どもが興味をもったことを認めて「じゃあやりなさい」というのが素晴らしい。普通なら「無駄遣いだ!」と怒りたくもなるでしょう(笑)。

“美空ひばり博士ちゃん”の梅谷心愛ちゃんはプロ歌手としてデビューするし、長く番組を続ければ“博士ちゃん”から、“博士さん”になる子どもたちも出てくるでしょう! 我々も勉強になっています!

【富澤たけし】

200人はスゴイ数ですよ!

これまでいろいろな博士ちゃんが登場してくれましたね。そして今回は“換気扇博士ちゃん”など、まさかと思うとんでもない方向からも、新しい博士ちゃんが出現しました。

この4年間、ボクらは愛菜ちゃんが成長する姿も見てきました。おじさんたちの4年間はただただ老けるだけで何も変わらないのに…(笑)。

博士ちゃんたちは輝いているよね。そして親御さんの協力も素晴らしい。

普通はセロハンテープを一日中、ビービー出していたら「やめなさい」って言っちゃいますよ。セロハンテープ工作博士ちゃんのお家では、それをやらせてくれてるわけですから(笑)!

番組を長く続けないと、彼らがどうなっていくか追うことができません!

芦田愛菜 コメント(全文)

番組開始から4年も経つと思うと、感慨深いですね。

中学2年生の終わりごろからはじまって、私も大学生になりました。4年間、「えっ!こんな博士ちゃんがいるんだ…」と驚かされることも多かったですね。

博士ちゃんはみんな、追求する力が素晴らしい。好きなことにとことんのめり込める熱量をもっています。

そして、博士ちゃんたちを見ていていいなと思うのは、好きなことを語るときの笑顔。楽しそうに語ってくれるのが印象的で、彼らを見ていると「私も頑張ろう」と刺激をもらいます。

気になる博士ちゃんは、ハリッサ(※チュニジア発祥の唐辛子をベースにした調味料)を教えてくれた調味料博士ちゃんの竹田かるぃーとくん。ハリッサはおいしくて、いまだにハマっています。

『博士ちゃん』は、これからもあと10年は続けさせていただきたいです。いや、もっとかもしれません! よろしくお願いします!

※番組情報:『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん
博士ちゃん200人突破記念!宇宙飛行士・野口聡一さんに博士ちゃん一挙見せスペシャル

2023年5月27日(土)よる6:30~よる8:00、テレビ朝日系24局

※『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』最新回は、TVerにて無料配信中(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では過去回も含めて配信中!