侍ジャパン・栗山監督「一生監督でいられるなら監督でいたい」WBC経て、素直な思い

公開: 更新: テレ朝POST

4月2日深夜放送のGET SPORTSでは、侍ジャパン・栗山英樹監督がゲスト出演し、番組ナビゲーターの南原清隆と対談。WBC世界一の舞台裏を語った。

テレ朝POSTでは対談の模様を全6回に分けてお届け。6回目は「アメリカとの頂上決戦」「栗山監督の秘めたる想い」に迫る。

◆「本当に楽しそうに野球をやっている」

準決勝での劇的勝利を経て、迎えたアメリカとの決勝戦。

世界一を手繰り寄せたのは、8回ダルビッシュ有、9回大谷翔平の豪華リレー。今大会のブルベンキャッチャーを務めた鶴岡慎也氏は、この継投の裏側を次のように証言した。

鶴岡:「(決勝は)勝っていたら、ダルビッシュ・大谷がいくと話は聞いていました。大谷翔平選手が後ろで投げていたんですけど、マウンドで投げているかのように一球一球声を出して投げていたんですよ。ブルペンで100%投げることはほぼないのに、全力で肩を作っていたので、これは違う次元の試合なんだなと感じました」

鶴岡氏の証言を受けて、栗山監督は頂上決戦をこう振り返る。

栗山:「あの決勝戦ってそういうものなんでしょうね。翔平もブルペンで全力で投げざるを得ないくらいのものだったと思います」

南原:「大谷選手もこういう自分は初めて扉を開けたんじゃないですか?」

栗山:「そうですね。というか嬉しかったんじゃないですか。あれだけすべて自分が責任を負って野球で勝負にいける。こういう野球がやりたかったはずだと僕も見ていて思いました。だから大谷がそういう風になったのも自然な形だし、そうせざるを得ない状況が彼の能力を引き出した。本当に楽しそうに野球をやっているように見えました」

南原:「人の能力を引き出したり伸び伸びさせるためには、どんなことが大事なんですか?」

栗山:「その人の持っているものにもよると思うんですね。すごく楽しそうにのんびりやっているときのほうが自分のパフォーマンスが出せる人もいるだろうし、翔平なんかは宿題が大きければ大きいほど、追い込まれれば追い込まれるほど能力がブワーッと引き出されるのは間違いないですね」

南原:「村上宗隆選手にも今回宿題を渡したんですか?」

栗山:「そうですね。本当は僕、決勝戦で(村上を)4番にしようかとすごく悩んだんです。だから最後別れるときに『俺は宿題があったほうが絶対にさらに強くなると思っているから』と伝えました」

南原:「やっぱりそこまで考えて信じてあげられる強さが、栗山監督の素晴らしさなんでしょうね」

栗山:「そんなことないですよ。ただ、先ほど鶴岡が話していたように、決勝戦、最後はダルと翔平が投げたほうが勝ちやすいよねと話していました。でも実はあのとき僕が何を考えていたかというと、翔平ルールが使えないということなんです。

大谷翔平をマウンドに上げた瞬間にDHがなくなってしまうんですよ。もうバッターボックスには入れないんです。だからもし1点リードされたときに翔平をマウントに上げたら、もう打席に入れないわけですよ。1点リードしたらもちろん送るんですけど、同点だったら送るのか、どこで翔平を送るべきかとか、最後そんなことを考えていました」

南原:「指揮官というか、トップに立っている人が迷わずにポンと言えるところが強い組織、強いチームなんだなと。それに対して、『わかりました、行きましょう!』とみんなが一致できたことが 、今回の侍ジャパンの特徴で強さの大きな要因だと感じました」

栗山:「口にするまではすごく考えますけど、口にした瞬間に迷いは一切なかったですね。落ちるまで考えるので」

南原:「その考える時間が決断の強さを支えてくれたいうことですか?」

栗山:「そう思います。そこまで納得するまで自分では考えていました」

◆「こんな素晴らしい仕事はない」

アメリカとの決勝を制し、14年ぶりの世界一に輝いた侍ジャパン。チームを作り上げた栗山監督は、今大会を改めて振り返った。

栗山:「人間すごいなって思いましたね、あれだけ一生懸命人がやるといろいろなことを起こせるなって。そういう1か月だったので本当に感謝しています」

南原:「世間がコロナという大きなことを乗り越えたときに、みんながひとつになれることがあって、将来あの日あのとき何をやっていたっていうのが今回のWBCだったんですね。日本のみなさん、世界のみなさんが感謝していると思います。本当にありがとうございました」

栗山:「こちらこそ、ありがとうございました。選手たちが引退して僕らぐらいの年になったときに、『あのとき俺らが頑張ったから、こうやって日本の野球界や世界の野球界が変わったよね』と言えるときが必ず来ると思う。それくらい彼らは頑張ってくれたので、これからも日本の野球は進んでいくと思います」

南原:「栗山監督が初めて日本ハムの監督になった年に、『監督ってなんなんですか?』と質問したんです。そのときに栗山監督は『監督ってどんな仕事なんだろうというのをやりながら見つけていきたいです』と言っていました。今、同じ質問してもいいですか?」

栗山:「今はたぶんこんなに素敵な仕事はないだろうなと思っています。一生監督でいられるなら監督でいたいなという風に思いますね。監督っていうのは人を活かせてあげられたり、笑顔にさせられたり、大活躍させてあげられる可能性があるじゃないですか。こんな素晴らしい仕事はないと思いますね

南原:「ぜひ、またどこかでやってください!」

栗山:「それは自分でやるものじゃなくて求められるものなので、逆に言うとそういう監督を作りたいなという思いもありますし、これだけいい経験をさせてもらったので恩返ししないといけないなと思いますね」

番組情報:『GET SPORTS
毎週日曜 深夜1:25より放送中、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

『栗山英樹×南原清隆~WBC世界一の舞台裏~ノーカット完全版』はABEMAで配信中!