千鳥・大悟が称賛する“過激な”リズムネタ!「オリラジ見たときの衝撃」

公開: 更新: テレ朝POST

千鳥がMCを務めるバラエティ『チャンスの時間』(ABEMA SPECIALチャンネル)。

4月2日(日)の放送では、以前番組で彼女の両親への結婚挨拶を成功させたお笑いコンビ・きしたかの高野正成のため、結婚式で余興を披露する芸人を決める特別企画「きしたかの高野 結婚披露宴オーディション」が開催された。

©AbemaTV,Inc.

スタジオにはルシファー吉岡も登場し、オーディションには、あぁ〜しらきベン山形村田大樹や、ママタルトニッキューナナサスペンダーズなど、高野と仲のいい芸人5組と、高野の相方・岸大将が推薦する芸人5組が参加。

参加芸人たちは1vs1のバトル形式でネタを披露し、どちらが結婚式の余興に相応しいか、大悟が判定した。

©AbemaTV,Inc.

個性派揃いの余興ネタバトルでは、下ネタや暴露の連続に「マジでいい加減にしろよ!」「なんで基本的に下ネタなんだよ」などと終始不満をあらわにした高野。

そんななか、もっともお世話になっているという先輩芸人・安原カラスの登場に、高野が困惑の表情を浮かべる場面も。

安原は「あの高野が結婚か〜、めでたいねぇ!」と始まり、高野の恥ずかしいエピソードを漫談にして披露。しかし、漫談の途中でたまらず「芯からスベってる」「ちゃんとスベってるぞ、安原さん」と声を上げた高野に、スタジオでは笑いが起こった。

©AbemaTV,Inc.

その後、バトルに勝ち、高野の結婚披露宴への参加を決めた安原だが、納得のいかない様子の高野は「なんで一番お世話になってる人がこんなところでめっちゃスベるんだよ!」と悲壮感たっぷりに嘆き、再び一同の笑いを誘った。

また、“SM芸人”と名乗るお笑いコンビ・魔族は、“犬のおまわりさんプレイ”と称したリズムネタを披露。奇抜ないでたちと過激な芸風で笑いをさらった魔族のネタに、大悟は「ほぼオリラジやな」「オリラジ見たときの衝撃」と称賛した。

©AbemaTV,Inc.

そのほか、結婚式のスピーチを題材にしたニッキューナナのコントや、演歌風の曲に乗せて新郎新婦への祝いの言葉を贈ったあぁ〜しらき、高野と沖縄旅行に行った際の思い出をコントにしたサスペンダーズなどが登場。

見事オーディションを勝ち抜いたメンツに、高野は「安原さんだけ可哀想だろ!」とまたもや不安を口にしていた。

※番組情報:『チャンスの時間
毎週日曜よる11:00~深夜0:00、ABEMA SPECIALチャンネル