鈴木砂羽、14年ぶりの『相棒』に感激。「憑きものが落ちた」ドラマ復帰のために受けた手術

公開: 更新: テレ朝POST

3月14日(火)の徹子の部屋に、鈴木砂羽が登場する。

2022年、ドラマ『相棒』に14年ぶりの復帰を果たし話題になった鈴木。

現場で再会した水谷豊は長年の友のように迎え入れてくれて感激したという。

撮影現場はチームワークが良く、休憩中も話に花が咲いているとか。水谷と寺脇康文からサプライズでコメントが寄せられて驚く場面も。

鈴木は『相棒』復帰に向け、子宮筋腫摘出の手術を受けた。手術後は「憑きものが落ちたよう」にすっかり体調も回復したそう。

20代半ばまで風呂なしアパートで暮らしており、ドラマの撮影が深夜に及ぶと銭湯に行けず困っていた鈴木。

そんなとき、共演の大竹しのぶが救いの手を差し伸べてくれた。

自宅に招かれ、お風呂を貸してくれただけでなく、泊めてくれ、さらに朝食までご馳走に…。

両親は美大出身の画家で、父は今も画家として活動しており、誕生日には絵をプレゼントしてくれると明かす。

また2023年1月に101歳で他界した画家の祖父についても語る。

※番組情報:『徹子の部屋
2023年3月14日(火)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)