年間1億円以上を売り上げた元カリスマホスト!“惚れさせる”テクニックに指原莉乃も悶絶

公開: 更新: テレ朝POST

芸能人同士の合コンをモニタリングするヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”

2月23日(木)に放送された同番組で、MCの指原莉乃が元カリスマホストの惚れさせる“心理学的話術”に悶絶する場面があった。

歌舞伎町でホストクラブを5店舗経営し、プレイヤー時代には4年連続で年間1億円以上を売り上げた“伝説のホスト”である一条ヒカルが登場すると、指原は「佐藤健さんに似ている」と絶賛。

そんな一条は「運命を感じる」「可愛い」などの口説き文句や、持ち前の話術で女性陣のハートを掴むと、ヒロミと指原は「さすが」「楽しそう」と感心しきりに。

一条はプロフィールを見たときから惹かれていた元ソフトボール選手の長﨑望未と両想いになるが、元RIZINガールの川目モネに対し、「自分を好いてくれてる自信があるので、攻められたら悩んじゃいそう」と強気な発言も飛び出す。

その後、川目と2ショットとなり、「俺のこと、好いてくれてるんちゃうかなって」とけしかけると、川目は「第2印象でも選んだ」と告白。

一条はホストで鍛えた鋭い勘を発揮したところで、「正直、僕は他の方を選んだけど、『モネさんに攻められたら危ういです』と書いた。その情報入ってます?これ、運命じゃないですか?」と甘い言葉をささやく。

嫉妬心を煽って夢中にさせるテクニックに指原は「うわ~!ズルいヤツだな~!」と悶絶していた。

※番組情報:『ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”
番組の模様は、「ABEMA」にて配信後1週間無料で視聴可能

<画像はすべて(C)AbemaTV,Inc.>