藤田まことさんの孫娘・花リナ、ドラマ初挑戦!『警視庁アウトサイダー』でシンガー役に

公開: 更新: テレ朝POST

西島秀俊濱田岳上白石萌歌がクセの強いキャラクターにふんする刑事ドラマ警視庁アウトサイダー

2月9日(木)放送の第6話では、『はぐれ刑事純情派』の安浦刑事役で知られる名優、故・藤田まことさんの孫娘で、歌手の花リナ(かりな)がゲスト出演。

ドラマ初挑戦ながら劇中で歌声も披露し、物語を大いに盛り上げる。

◆出演のきっかけは、ドラマにちりばめられた“はぐれ刑事愛”

花リナは1998年4月生まれ。9歳までハワイで育ったバイリンガルで、祖父である藤田さんの影響もあってアーティストを志し、2022年に歌手活動を本格化。

現在、オフィシャルYouTubeチャンネルで小松未歩のカバー楽曲を配信するなど精力的に活動している。

警視庁アウトサイダー』では、主演・西島の俳優デビュー作が『はぐれ刑事純情派』であること、以来、西島がずっと藤田さんを敬愛してきたというエピソードから、“西島演じる架川英児=安浦刑事の大ファン”という設定が誕生。

第1話で藤田さんのサイン色紙が登場したり、待ち受け画面や着信音が同ドラマのものだったりと、随所に安浦刑事へのリスペクトがちりばめられてきた。

そんな西島の“はぐれ刑事愛”が縁となり、今回のゲスト出演が決定した。

◆西島秀俊の温かいオーラに「ホッとしました」

花リナが演じるのは、架川が長野・春蘭市のクラブで出会うシンガー。

第6話で、架川は10年前のホステス殺人事件の手がかりを求めて単身、春蘭市へ。

当時、被害者・歌川チカ(水崎綾女)が勤めていた店「コフレ」を訪れたところ、女性シンガーが客の前で歌っていて…。

花リナは「うれしい気持ちの自分と信じられないという気持ちの自分がいました。出演の機会を与えてくれた西島さん、祖父に感謝です」と、今回のオファーを受けた際の驚きを告白。

『はぐれ刑事純情派』がさまざまな形で登場する本作に、「祖父のファンの方々、そして祖父も喜んでくれたらうれしいなと思いました。今でも祖父のことを常にリスペクトしてくださるお気持ちに感謝しています」と素直に喜んでいることも明かした。

初めてのドラマ撮影は「たくさんのスタッフの方々が関わっていることに驚き、最初はかなり緊張しちゃいました(笑)」と固くなりがちだったとのことだが、そのプレッシャーをほぐしてくれたのが西島の存在。

「ご挨拶させていただいたときに、とても優しく温かいオーラを感じました。西島さんが現場に入られると緊張感と同時に、勝手ながらですが何だかホッとしました(笑)」と、西島へのさらなる感謝を語る。

西島もまた、ドラマ初挑戦ながら堂々とした演技を見せ、伸びやかな歌声を披露した花リナに感激していた。

祖父・藤田まことさんへの思いを胸に、新境地に挑んだ花リナ。“偉大な名優”がつないだ、西島秀俊と花リナの共演シーンに注目だ。

※番組情報:『警視庁アウトサイダー』第6話
2023年2月9日(木)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

※『警視庁アウトサイダー』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、地上波放送終了後にドラマ本編を配信!

PICK UP