かまいたち山内「やらせじゃないとおかしい」 事故物件に響く謎の足音…その鮮明すぎる音声

公開: 更新: テレ朝POST

かまいたち山内健司濱家隆一)がMCを務めるレギュラー番組『ぜにいたち』(ABEMA SPECIALチャンネル)。

1月30日(月)の放送では、「怪奇現象が多発する」と噂の事故物件に1泊し、どんなことが起きるのか調査する心霊企画を実施。お笑いコンビ・ブラゴーリ塚田裕輝と大ちゃんが潜入した。

今回ブラゴーリが宿泊したのは、「殺人事件が起きた家」として競売がかけられていた過去があり、不動産業界で「幽霊屋敷」として有名な物件。

この物件の所有者の男性は「軽自動車1台分ほどの値段で取引されているので、次々に大手不動産屋が買っていくけど、怪奇現象に悩まされて1週間住んだ人が1人もいない」と証言する。

さらに、「アイスピックで刺した複数の跡」や「誰かの顔写真に向かって釘を打った跡」の痕跡が映されると、その惨状にスタジオのかまいたちは震撼。十分にこの物件の不気味さが伝わったところで、追い打ちをかけるように怪奇現象が起こる。

所有者の男性が「開かずの間がある」と紹介し、その部屋の様子を話していた最中、突然足音のような音が鳴り響く。ブラゴーリや現場のスタッフは「ヤバすぎる…」「子どもみたいな足音だった」と騒然。

山内は「演技ができるようなスタッフじゃない(笑)。ガチなんでしょうね」と目を見張る。一方で、濱家には足音に聞こえなかったようで、「VTRを通して聞こえた音よりも、もっと足音みたいな音やったん?」と疑いの目を向けると、大ちゃんは「マイクが弱いんです!」と嘆く。

そんな幽霊屋敷で2人きりにされたブラゴーリは、4つのミッションに夜通しで挑戦することに。

恐怖のあまり苛立ちを募らせて、時には強い口調で言い合いをしながらもすべて遂行。あとは夜明けを待つだけの2人に、またしても怪奇現象が…。

突如として「ドンドンドン!」と複数人の足音が暗闇の中で鳴り響く。ブラゴーリ以外誰もいないはずの屋敷で長時間続く物音に、濱家は「3on3ぐらい足音してた。1人とかじゃなかったもん」と思わずツッコミ。

山内も「“やらせ”じゃないとおかしいくらい足音してたやん」と鮮明に聞こえすぎたことを指摘すると、ロケに同行したスタッフは「僕らは一切あの屋敷に立ち入っていないし、寝てしまっていた」と主張。

濱家は「“やってる”なら今白状しないと、後日誰かが密告したら終わりなんで…」と諭し、笑いを誘った。

※番組情報:『ぜにいたち
毎週月曜よる11:00〜、ABEMA SPECIALチャンネル

<画像はすべて©AbemaTV,Inc.>