山崎育三郎主演、ドラマ『リエゾン』本日スタート!感涙必至の医療ヒューマンドラマ

公開: 更新: テレ朝POST

主演・山崎育三郎×ヒロイン・松本穂香が、感動作の名手、脚本家・吉田紀子とタッグと組む新しい医療ドラマリエゾン-こどものこころ診療所-が本日1月20日(金)にスタートする。

郊外にある児童精神科「さやま・こどもクリニック」の院長・佐山卓(山崎)は、臨床心理士・向山和樹(栗山千明)とともに、発達障害など心に生きづらさを感じる子どもたちやその家族の診察を行い、向き合う日々を送っていた。

そんなある日、クリニックへ研修医の遠野志保(松本)が訪れる。志保は自他ともに認める“超ドジ”な研修医で、寝坊や遅刻、忘れ物は日常茶飯事。そのことが原因で研修中に重大な医療事故につながり兼ねないミスをしてしまい、教授から医師になることは諦めろと告げられてしまう。

ショックで呆然とする志保は、気づけばある場所へ向かっていて…。そこは、かつて幼い頃に怪我をしては優しくお世話をしてくれていた院長の佐山りえ(風吹ジュン)が営む小児科・心療内科「りえ・こども診療所」――のはずだったが、なぜか「さやま・こどもクリニック」となっていて…。

実はりえ先生は2年前に亡くなっており、甥の佐山が後を継いだというが、この佐山との出会いがやがて、志保が長年抱えていた疑念を明らかにし、そして諦めかけた医師になる夢にひと筋の光をさすことになる。

はたして、佐山との出会いで志保が導かれる先とは?

また、本作の主題歌はコブクロによる『エンベロープ』、挿入歌はMOMO SANA MINA from TWICEによる『Bouquet』。

本作のために書き下ろされた両楽曲がどのような1曲になっているのか、注目だ。

※番組情報:『リエゾン-こどものこころ診療所-
2023年1月20日(金)スタート!【毎週金曜】よる11:15〜0:15、テレビ朝日系24局(一部地域で放送時間が異なります)