吉高由里子、大親友・近藤春菜の“初産”を取り上げる「すごい想いと力を込めてます」

公開: 更新: テレ朝POST

吉高由里子×北村匠海、そして脚本に恋愛ドラマの名手・大石静が集結するドラマ星降る夜に

のどかな海街を舞台に、感情を忘れて孤独に生きる産婦人科医・雪宮鈴(35歳/吉高)と、音のない世界で自由に生きる10歳下の遺品整理士・柊一星(25歳/北村)、命の“はじまり”と“終わり”をつかさどる対照的な2人が星降る夜の出会いを機に運命の恋を育んでいく本作。

1月17日(火)、初回拡大スペシャルで放送される第1話に、主演・吉高の大親友であるハリセンボン近藤春菜が出産を間近に控えた妊婦・芝里子役で出演する。

吉高と近藤は、過去に『花子とアン』(2014年)や『正義のセ』(2018年)でも共演。近藤は今回、産婦人科医・鈴にサポートされながら出産するシーンもある役どころを演じる。

プライベートでもドラマでも出産経験のない近藤は、「経験のない妊婦さんを演じるのは不安で少し悩みました」と話すが、そんな彼女の背中を力強く押したのはほかでもない吉高の存在。

「私の初産を吉高さんに取り上げてもらいたいと思いました(笑)」と、不安を凌駕した熱い想いを明かす。

もちろん撮影現場でも、近藤にとって吉高は頼りになる存在。思い出に残っているエピソードを尋ねると、「吉高さんとお弁当を一緒に食べたのですが、お味噌汁もデザートも私のところに持ってきてくれて、至れり尽くせりで、本当に入院しているような気分でした」と幸せそうに教えてくれた。

◆「すごい想いと力を込めた」壮絶出産シーン

そんな至れり尽くせりの現場で初の出産シーンに臨んだ近藤。

彼女自身も「特に大変だった」と振り返る同シーンでは、里子があまりの激痛に思わずパニックになり、夫に向かって「あんたなんかいらない!」と暴言を吐いたかと思えば、「助けてー!」と絶叫する壮絶な出産が繰り広げられる。

そんななか、近藤は吉高とともに、まさに全力で分娩に挑むことに。

「吉高さんも私もすごい想いと力を込めてます。込めたゆえに終わった後、2人とも放心状態でした(笑)」というほどの熱演で尊くパワフルな“命のはじまり”の瞬間を見事体現し、ドラマにさらなる厚みをもたらしている。

※番組情報:『星降る夜に
2023年1月17日(火)スタート! 【毎週火曜】よる9:00~9:54、テレビ朝日系24局(※初回は拡大スペシャル、よる9:00~10:00放送)