総額1億6千万円以上!金工作家・石川光一の高額作品がズラリ 黒柳徹子も「いささか緊張」

公開: 更新: テレ朝POST

1月11日(水)の徹子の部屋に、金工作家の石川光一が登場する。

東京・浅草で100年以上続く工房の三代目である石川。

石川は金を専門に扱う作家。スタジオには石川の作品が総額1億6千万円以上も登場する。

ここまで高額なものがスタジオに並ぶのは番組始まって以来初で、黒柳徹子も「いささか緊張」と笑う。

江戸時代、浅草には多くの金工職人がいたという。そこへ修行に出た祖父が自らの工房を開いたのが明治末期。

石川はその三代目として今も作品を作り続けている。

製作が一番大変なのは「おりん」。一枚の金の板から成形し、ひたすら磨き上げる。仕上がりまですべて手作業だそう。

形が単純なだけに少しの失敗でも明らかに見えてしまうため、集中を要するという。

※番組情報:『徹子の部屋
2023年1月11日(水)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

PICK UP